Home

封筒印刷よもやま話

お漬物など食品を入れるのも人気な封筒

封筒屋どっとこむは社名にあります通り、封筒の作成を行っています。
既製の封筒に社名などを印刷して社用封筒を作成するなどといった事はもちろんですが、それ以外にも様々なものをお作りしております。
例えば封筒に取っ手を付ければ紙袋になりますし、商品を入れるパッケージ袋としてもお使いいただけます。
封筒屋どっとこむではオーダーメイドでも封筒の作成を承っておりますので、既製の封筒にはない大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事も可能です。

封筒はお漬物などの食品を入れるパッケージ袋としても人気があり、食品パッケージとしてのオリジナル封筒作成のご注文をいただく事も多いですね。
お漬物など食品を入れるパッケージとされる場合に、特に人気となっているのが窓付き封筒です。
窓付き封筒ですとお漬物などの食品を入れた場合でも、外から中の食品を確認できます。
パッケージに印刷された写真やイラストよりも、実際の商品が見える方が安心感がありますし、購買意欲も刺激出来るでしょう。
人気のある窓付き封筒は封筒屋どっとこむでももちろんお作りしており、窓の形や位置、数などをお好みでご指定いただけます。
またオーダーメイドなら封筒そのものの大きさや形なども自由自在ですし、マチをつけたり、和風の紙を使ったりといった事も可能ですよ。
お漬物などの食品を入れるパッケージ袋をお探しでしたら、封筒屋どっとこむでオリジナル封筒としてお作りになってみてはいかがでしょうか。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

イメージアップに大切なサロンから送るおしゃれなお便り封筒

世の中には様々なサロンがありますよね。
安さを売りにしたサロンもあれば、おしゃれさや高級感を売りにしたサロンもありますが、どのサロンでもお客様に対してお便りを出されていると思います。
その際に使用する封筒は、サロンのイメージアップにはとても大切なものです。
特に高級感を大事にしているサロンですと、お店はもちろんですが、サロンから送るお便り封筒もおしゃれで特別感のあるものを使うべきでしょう。
ペラペラの茶封筒ではあまりにも素っ気なく、いくらお店の雰囲気が良くても、イメージが台無しになってしまいます。
サロンからお客様に送るお便り封筒は、うっかりするとイメージダウンになってしまう恐れもあるのです。
お便り封筒はイメージアップには欠かせない大切なものであるという事を意識し、サロンのイメージに合ったものや、イメージをより良くするようなものを選ぶようにしたいですね。

封筒屋どっとこむでは、お客様のご要望に合わせた様々なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷はもちろんですが、セミオーダーやオーダーメイドでのオリジナル封筒の作成も行っており、特におすすめなのはオーダーメイドです。
オーダーメイドですと大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事が出来ます。
イメージアップに大切なサロンから送るおしゃれなお便り封筒も、サロンの雰囲気にぴったりのものを作る事が出来ますよ。
またサロンのお便り封筒以外にも、それぞれの用途や内容物に適したオリジナル封筒をお作りいたしますので、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

返信用封筒を作成するための封筒の選び方

書類などを郵送する際、場合によっては返送してもらわなければならない事もありますよね。
そのような場合には、返信用封筒を同封される方が多いと思います。
返信用封筒を同封する事で先方の負担を減らす事が出来ますし、アンケートなども回答してもらいやすくなります。
ただどんな封筒でもとりあえず同封しておけば良い、というわけではありません。
返信用封筒には、それに適した封筒を使う必要があります。
今回は返信用封筒を作成する場合の封筒の選び方について考えてみましょう。

まず返信用封筒を同封するのはなぜかというと、上記の通り書類などを返送してもらうためですよね。
郵送した書類に個人情報などを記入して返送してもらうという形になる事が多いと思いますので、返信用封筒を作成する際の封筒の選び方としては、「中身が透けにくくなっているか」という点が重要になります。
厚みのある紙や、透け防止加工が施されたもの、地紋印刷がされたものなど、透けにくい封筒は色々とございますので、書類の記入内容などに合わせてお選びになると良いでしょう。
また手軽に返送出来るようにするという点も、返信用封筒を同封する理由の一つです。
それを踏まえると、口糊加工を施すなどといった気遣いもしておきたいところですね。
さらに返信用封筒では切手ではなく、料金後納郵便などを利用する場合も多いと思いますので、その際は郵便局の指定するマークを適切に印刷するようにしましょう。
切手を貼る場合には料金不足にならないよう注意する必要があります。
書類が封筒に入らないという事がないよう、書類と封筒のサイズもしっかり確認しておく事も大事です。

今回は返信用封筒を作成する場合の封筒の選び方についてお話しましたが、返信用封筒が必要な場合にはぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。
封筒屋どっとこむでは、それぞれの用途や内容物に適したオリジナル封筒の作成を承っております。
大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒をオーダーメイドでお作りしている他、既製の封筒への印刷やセミオーダーにも対応しております。
返信用封筒に便利な、長形封筒の三つ折り加工なども行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

色合いがお洒落なクラフト紙「ファーストヴィンテージ」

数ある紙の中でも人気の高いものの一つがクラフト紙です。
紙袋などでもよく目にする紙で、ざらざらとした手触りと素朴でナチュラルな風合いが人気の理由ですね。
ただ中には「クラフト紙の風合いは好きだけれど、色が地味なのがちょっと…」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方にぜひおすすめしたいのが、お洒落な色合いのクラフト紙「ファーストヴィンテージ」です。
「ファーストヴィンテージ」はクラフト紙のような風合いを備えつつ、明るめの色合いも持ち合わせているお洒落なクラフト紙です。
スカーレットやターコイズ、イエローオーカー、アップルグリーン、オリーブ、ブルーグレーなど、落ち着いた色味を揃えていますので、一般的な茶色のクラフト紙では少し物足りないという方にもご満足いただける事でしょう。
茶色のクラフト紙同様、ファーストヴィンテージもシンプルなデザインや単色印刷で十分見映えがしますし、カラーバリエーションが豊富な事で表現の幅も広がりますね。
オリジナル封筒を作成する際には、色合いがお洒落なクラフト紙「ファーストヴィンテージ」も、ぜひ選択肢の一つにされてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒の作成が可能です。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒が可能ですので、それぞれの用途や内容物にぴったりの封筒を作る事が出来ますよ。
今回ご紹介しました「ファーストヴィンテージ」の他にも、多種多様な紙をご用意しております。
オリジナル封筒がご入用の際は、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

色んなイベントのチケットに使える封筒屋のチケット用封筒

規模の大きなものから小さなものまで、全国各地で日々様々なイベントが開催されていますが、その中にはチケットが発行されるものも数多くあるでしょう。
チケットはそのままの状態でやりとりされる事もあると思いますが、封筒に入れられる事も少なくありませんよね。
そこで封筒屋どっとこむでは色んなイベントのチケットに対応出来る、チケット用封筒をご用意しております。
封筒屋のチケット用封筒はセミオーダーとなっており、サイズは6種類からお選びいただけます。
160mm×65mm、170mm×65mm、180mm×70mm、190mm×75mm、210mm×85mm、220mm×70mmがございますので、色んなイベントのチケットに対応可能です。
白の上質紙に1~3色の特色印刷、もしくはフルカラー印刷で、封筒の外側ほぼ全面に印刷する事が出来ます。
また封筒屋のセミオーダーのチケット用封筒ではなく、洋6(190mm×98mm)や洋7(165mm×92mm)などの既製の封筒への印刷でも、チケット用封筒をお作りいたします。
大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のチケット封筒をオーダーメイドで作成する事も可能です。
さらに少部数のご注文も承っておりますので、小規模なイベントでもお気軽にご利用ください。

色んなイベントのチケットに対応出来るチケット用封筒の他にも、封筒屋どっとこむでは
様々なオリジナル封筒をお作りしております。
ご興味がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

受け取る側にインパクトを与える封筒を作る秘訣

例えばダイレクトメールなどは、開封されずに捨てられてしまう事も少なくありません。
まず手に取ってもらい、さらに開封してもらわなければならないという事を考えると、出来るだけ受け取る側にインパクトを与える封筒を使う必要がありますよね。
ではインパクトを与える封筒を作る秘訣とは、一体どんなものなのでしょうか。
まず受け取る側にインパクトを与える封筒を作る秘訣の一つは、見た目を派手にするという事ですね。
蛍光色や、金や銀などのメタリックカラーの封筒はなかなかのインパクトがありますし、奇抜なデザインでも目を引く事が出来ます。
また他の封筒との差別化を図るというのも有効です。
真っ黒の封筒に箔押しで文字を入れた封筒など、なかなか目にする機会のないような色やデザインの封筒にする事でも、受け取る側にインパクトを与えられます。
さらに封筒の形を特殊な形にするというのも、受け取る側にインパクトを与える封筒を作る秘訣と言えるでしょう
丸い封筒や三角の封筒などの変わった形の封筒なら、長方形の封筒の中でも目立つ事間違いなしです。

そんな受け取る側にインパクトを与える封筒は、既製の封筒で手に入れるのは困難ですので、オリジナル封筒としてオーダーメイドするのが良いでしょう。
封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダーに加え、オーダーメイドでもオリジナル封筒の作成を承っております。
オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒の作成が可能ですので、インパクト抜群のオリジナル封筒を作る事も出来ますよ。
オリジナル封筒の作成をお考えでしたら、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

今も昔も世界中で活躍する【封筒の歴史】を知ろう

メールなどのデータでのやりとりが一般的になった現在ですが、それでも「封筒を一切見なくなった」という方は滅多にいらっしゃらないのではないでしょうか。
日常生活において、封筒は切っても切り離せない存在になっていると言っても過言ではないかもしれません。
そんな今も昔も世界中で活躍する封筒ですが、封筒には一体どんな歴史があるのでしょうか。

封筒の歴史の始まりは、16~17世紀のヨーロッパであると考えられています。
ただ当時はそれほど一般的なものではなく、広く使われるようになったのは1840年という説が有力ですね。
それまでは枚数などで郵便料金が決まっていましたが、重量によって決めるようになった事で、封筒が使われるようになったそうです。
今も昔も世界中で活躍する封筒ですが、日本における歴史としては、中世より古くから紙で包んだ書簡を送っていたそうですので、これが封筒のようなものだと言っても良いかもしれませんね。
また江戸時代には「絵封筒」という袋に絵の描かれた便箋を入れていたそうです。
日本でも海外でも、郵便制度の発展と共に広く使われるようになったという歴史を持つ封筒ですが、今も昔も、そしてこれからも、世界中で活躍し続ける事でしょう。

封筒は既製のものも種類は豊富ですし、手軽に手に入りますが、オリジナルの封筒も気軽に作る事が出来ますよ。
封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、多種多様なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷やセミオーダーに加え、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒もオーダーメイドで作成可能です。
少部数のご注文も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
また封筒以外にも、紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などもお作りいたします。
ご入用のものがございましたら、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

結婚式のデータの受け渡しに使えるCD用封筒

最近では写真もそうですが、動画も気軽に撮る事が出来ますよね。
日常的に写真や動画を撮っているという方も多いと思いますが、特別なイベントの時には撮影にもより一層力が入る事でしょう。
例えば結婚式では、身内や友人に撮影係をお願いしたり、専門の業者に依頼するという事も多いと思います。
そんな結婚式で撮影した写真や映像のデータの受け渡しには、CDやDVDがよく使われますが、その際にぜひおすすめしたいのがオリジナルのCD用封筒の作成です。
オリジナルのCD用封筒なら、新郎新婦の名前や結婚式の日付を入れたり、お好みのデザインにする事が出来ます。
結婚式のデータの受け渡しの際に、オリジナルのCD用封筒を使えば、結婚式の記憶をより特別なものにする事が出来るでしょう。
封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、多種多様なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷やセミオーダーに加え、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒をオーダーメイドで作成する事も可能です。
CD用封筒ですと、丸い窓のついたものをよく目にしますが、丸い窓付きのCD用封筒にももちろん対応しております。
また封筒屋どっとこむでは、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋の作成も承っておりますので、結婚式のデータの受け渡しに使えるCD用封筒だけでなく、結婚式の招待状なども作る事が出来ますよ。
それ以外にも紙袋やパッケージ袋など、様々なものをお作りいたしますので、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

宛名が確認しやすい!窓付きの診断書用封筒

社用封筒として用意しておくと便利な窓付き封筒ですが、健康診断などの際の診断書用封筒としても、窓付き封筒はおすすめです。
通常の窓付き封筒と同じように、窓付きの診断書用封筒なら宛名が確認しやすくなりますので、封入などの作業も楽に行えるようになりますよ。

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
特にオーダーメイドですと、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事ができ、それぞれの用途や内容物にぴったりの封筒の作成が可能です。
宛名が確認しやすい窓付きの診断書用封筒に関しましても、それぞれの診断書に合わせてお作りいたします。
例えば大きさは診断書を折らずに入れられるものや折り畳んでぴったり封入出来るサイズなど、既製サイズのものはもちろん、特殊なサイズにも対応可能です。
また700種類を超える窓型をご用意しており、窓部分は大きさや形、位置、数などを自由にご指定いただけるようになっております。
窓のサイズや位置によって料金が変わるという事はございませんので、コストも抑えられます。
他にも中身が透けにくい紙や加工を利用したり、口糊加工を施したりする事も可能です。

宛名が確認しやすい窓付きの診断書用封筒を使用する事で、作業を効率化でき、また中身を間違って封入してしまう心配もなくなるでしょう。
皆様も封筒屋どっとこむで、窓付きの診断書用封筒を作ってみませんか?


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

ニュースレターを郵送する際によく使われる封筒とは

お店や企業からお客様に送るものというと、ダイレクトメールもございますが、ニュースレターもありますよね。
商品などの売り込みを目的としたダイレクトメールでなく、お客様に役立つお得な情報を載せたニュースレターを送る事は、お客様とより良い人間関係を築く事に繋がります。

そんなニュースレターを郵送する際には、OPP封筒やビニール封筒などの透明封筒がよく使われています。
紙の封筒ですと中身が見えませんので、ダイレクトメールと思われて開封されずに捨てられてしまう恐れがあります。
しかし中身の見える透明封筒なら中身がニュースレターという事が分かり、開封してもらえる可能性が高くなります。
また透明封筒は水濡れにも強く、雨などで中身が濡れてしまう心配もせずに済みます。
ただ透明封筒はニュースレターを郵送する際によく使われる封筒ではあるものの、安っぽく見えてしまう場合もございます。
高級感や特別感を売りにした企業などでは、しっかりとした上質な印象の紙の封筒を使った方がイメージを壊さずに済むでしょう。

封筒屋どっとこむでは、それぞれの用途な内容物に適した様々なオリジナル封筒の作成を承っております。
ニュースレターを郵送する際によく使われる透明封筒をはじめ、既製の封筒も各種ご用意しておりますし、セミオーダーやオーダーメイドでのご注文も可能です。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事が出来ます。
また封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋もお作りいたしますので、案内状や招待状などの作成もお任せください。
ニュースレター用の封筒をはじめ、オリジナル封筒がご入用の際は、封筒屋どっとこむにお任せいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top