Home

封筒印刷よもやま話

パンフレットに合わせたデザインの学校案内用封筒

近年ではデジタル化されるものも急速に増えていますが、それでも未だに紙が好まれているものも少なくありません。
例えば学校案内のパンフレットもその一つではないでしょうか。
進路選びをする際にはホームページを見るだけでなく、紙のパンフレットを実際に手に取って詳細の確認や比較などをされる方は多いと思います。
そんな学校案内のパンフレットですが、パンフレットを裸の状態でそのまま配布しているという事は稀で、多くの場合封筒に入れられています。
封筒にはパンフレット以外に様々な書類が入っている事もありますし、またパンフレットを予め封筒に入れてあれば、郵送の際もそのまま送る事が出来ます。
そんなパンフレットに合わせたデザインの学校案内用封筒を、オリジナル封筒として作ってみてはいかがでしょうか。
封筒屋どっとこむではそれぞれの用途や内容物に適した、多種多様なオリジナル封筒の作成を承っております。
学校案内のパンフレット用封筒は、パンフレットに合った大きさの事務用封筒などがあれば、それで代用する事も出来るでしょう。
しかしパンフレットに合わせた特別なデザインの、学校案内のパンフレット専用封筒を使う事で、他の封筒との差別化を図る事が出来ます。
学校案内のパンフレットを請求される方は、複数の学校のパンフレットを請求されていると思います。
そこでまずはパンフレットに合わせたデザインの、学校案内のパンフレット用のオリジナル封筒を使う事で、他の学校との差をつけるのです。
もちろん大事なのは学校そのものですが、やはり第一印象は大事ですからね。
封筒屋どっとこむではオーダーメイドでの封筒の作成も可能ですので、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事が出来ます。
学校案内のパンフレット用に、特別感のあるオリジナル封筒を封筒屋どっとこむで作ってみませんか?


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

ゴールドの印刷でゴージャス感のある封筒

ゴージャスな印象の色というと、やはりゴールドですよね。
ゴージャス感のある封筒にしたいと言う時にも、ゴールドの印刷がぴったりです。
ただ通常のフルカラー印刷などで使用するインキでは、光沢ある金色はなかなか表現出来ません。
インキを使っての印刷でゴールドを表現したいとなると、金色の特色インキを使用する事になります。
金色の特色インキを使えば、ゴールドの印刷のゴージャス感のある封筒を作る事が出来るでしょう。
また、よりゴールド感のある印刷をお求めでしたら、箔押し加工がおすすめですね。
箔押し加工は光沢のある箔を熱圧着させる加工ですので、まさにゴールドそのものな印刷が可能です。
箔押しは濃い色の紙への加工でも、通常のインキでの印刷の様に印刷面が見え辛くなる事はありませんし、ゴールドの印刷でゴージャス感のある封筒にうってつけの加工と言えます。
広範囲にゴールドを使ったデザインでゴージャス感が出るのはもちろんですが、ワンポイントなど一部にゴールドを使うなど、ゴールド部分が少なくともデザイン次第でゴージャス感を出す事が出来ます。
ゴージャス感のある封筒を作りたい時には、ゴールドを効果的に取り入れてみてください。

封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷やセミオーダー、また大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒の作成が可能なオーダーメイドにも対応しております。
封筒がご入用の際は、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

お洒落な特別感を出せる箔押し加工の封筒

印象的な封筒を作りたい時には、加工を利用するのもおすすめです。
例えば箔押し加工の封筒なら、お洒落な特別感を出す事が出来ますよ。

箔押し加工とは、光沢のある箔を熱によって圧着させる加工法です。
通常のインクを使っての印刷では、金や銀などといった光沢のある色合いはなかなか表現出来ませんが、箔押し加工ならそれが可能になります。
また黒などの濃い色の紙への印刷も、通常のインクですと印刷部分が見え辛くなりますが、箔押しですと印刷部分がはっきりと見えます。
箔は金や銀の他、赤や緑、青、ピンクなどのメタリックカラーや、パール、ホログラム、またつや消しタイプの金や銀などもございます。
箔押しは印刷部分が劣化しにくいのも特徴ですので、お洒落な特別感を出し、なおかつそれを長持ちさせたいという時にも、箔押し加工の封筒はぴったりですね。
広範囲に箔押し加工を施せば豪華な印象の封筒になりますし、社名やロゴなどの印象付けたい部分のみ箔押しにするというのも良いでしょう。
シンプルなデザインでも効果的に箔押し加工を施せば、お洒落な特別感のある封筒を作る事が出来ますよ。

封筒屋どっとこむでは、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒をオーダーメイドでお作りしております。
また既製の封筒への印刷やセミオーダーでも、封筒の作成が可能です。
箔押し加工の封筒をはじめ、オリジナル封筒の作成をお考えでしたら、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒に蛍光色を取り入れるときのポイント

目立つ色の一つが蛍光色です。
封筒でも蛍光色を使う事で目を引きやすくなりますが、蛍光色は効果的に使わないとその魅力が半減してしまいます。
今回は封筒に蛍光色を取り入れるときのポイントについて考えてみましょう。

まず蛍光色はそれ自体がとても目立ちます。
そのため封筒に蛍光色を取り入れるときは、蛍光色を引き立てるデザインにするのがポイントですね。
例えば封筒そのものを蛍光色にする場合、印刷は社名などの文字やロゴなど、必要最低限に抑える方が良いでしょう。
印刷部分が増えるとその分蛍光色が隠れる事になりますので、蛍光色を引き立たせるためには、印刷部分は少なくした方が良いと言えます。
また蛍光の特色インキを使うなどの形で封筒に蛍光色を取り入れるときは、封筒全体で使う色数を極力少なくするのがポイントです。
蛍光色以外に色々な色を使ってしまうと、蛍光色がいくら目立つと言っても、他の色の部分に視線が分散してしまいます。
蛍光色を目立たせるには、蛍光色を上手くアクセントとして使うようにすると良いですね。
例えば他は全て白黒で、社名やロゴなどの目立たせたい部分のみを蛍光色にすれば、その部分に視線を集中させる事が出来るでしょう。

封筒屋どっとこむではそれぞれの用途や内容物に適した、多種多様なオリジナル封筒をお作りしております。
オーダーメイドですと大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒の作成が可能ですし、また既製の封筒への印刷やセミオーダーでもオリジナル封筒作成のご注文を承っております。
オリジナル封筒がご入用でしたら、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

美しい柄に目を引かれる展示会の案内用封筒

展示会を開催するとなると、実に多くの準備をしなければなりませんよね。
案内状の発送もその一つですが、その際普段使いの事務用封筒を使うというのは、何だか物足りない気がしませんか?
折角の大事な展示会ですし、案内状を送るための封筒も専用のものを用意する事で、展示会への期待感も高まります。
例えば美しい柄に目を引かれるデザインの展示会の案内用封筒なんていかがでしょうか。
展示会の内容にもよりますが、おしゃれな雰囲気の展示会や対象年齢が高めの展示会の場合は、派手なデザインよりも品のある美しいデザインの封筒が向いています。
封筒の一部にのみ柄を入れたデザインでも良いですし、入れる柄によっては総柄にする事でその美しさをより際立たせる事が出来るでしょう。
金や銀などの光沢のある色合いの表現が可能な、高級感の出せる箔押し加工も、美しい柄に目を引かれる展示会の案内用封筒にぴったりです。
またモノクロや1色印刷でも、柄選びやデザイン次第で、美しい柄に目を引かれる展示会の案内用封筒を作る事が出来ますよ。

封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、多種多様なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷やセミオーダーに加え、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒の作成が可能なオーダーメイドでもご注文を承っております。
展示会の案内用封筒をはじめ、オリジナル封筒がご入用の際は、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

飾り紙のようにデザイン性を出せる内側印刷した封筒

封筒の中には内側に印刷を施したものも少なくありません。
内側印刷は、内容物の文字を読めないようにするために文字や柄などを印刷する「地紋印刷」として行われる事が多いですね。
ただそういった実用面はもちろんですが、内側印刷はデザイン面での利用もおすすめです。

二重封筒のように紙が二重になっている封筒を目にする事がありますが、この封筒の中に入っている紙の事を「飾り紙」と言います。
飾り紙にはカラフルな柄のものなどデザイン性の高いものも多く、封筒をおしゃれに演出してくれるアイテムの一つとなっています。
内側印刷した封筒も、工夫次第でそんな飾り紙のようなデザイン性を出す事が出来るのです。
たとえば地紋印刷と同じ様に文字や模様を印刷する場合でも、色をカラフルにするだけで印象は全く違ってきますよね。
千代紙のような和柄や、レース模様なども内側印刷した封筒というのも、飾り紙のようにデザイン性を出す事が出来るでしょう。
また地紋印刷の様な透け防止効果を求めない場合は、文字や柄を細かくする必要もありませんから、大胆な大柄を入れたり、イラストなどを大きく印刷するのも良いですね。
オリジナル封筒を作成する際は、内側印刷を利用して飾り紙のようにデザイン性を出した封筒を作ってみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、多種多様なオリジナル封筒を作成しております。
既製の封筒への印刷やセミオーダーだけでなく、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒の作成が可能なオーダーメイドでも、ご注文を承っております。
内側印刷にももちろん対応しておりますので、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

招待状にも人気!インパクトのあるエンボス加工の封筒

インパクトある封筒にしたいとなると、まず思い浮かぶのはデザインを派手にするという方法です。
ただ用途によっては派手なデザインは向いていない、相応しくないという事もありますよね。
もちろん派手なデザインにする以外にも、インパクトのある封筒にする方法は色々とあり、エンボス加工もその一つです。
エンボス加工の封筒は招待状を送る際にも人気で、インパクトのある封筒を使いたいという時にぴったりの封筒ですよ。

招待状にも人気な、インパクトのあるエンボス加工の封筒ですが、エンボス加工とは紙に凹凸をつける加工の事です。
エンボス加工を施す事で、文字やロゴなどを紙に浮かび上がらせる事が出来るのです。
インキを使った印刷ではありませんので、エンボス加工を施した部分は紙の色そのまま、紙が盛り上がっている形になります。
一見あまり目立たない加工ではありますが、手に取ってよく見てみると加工されているのが分かりますし、触れると加工部分の凸凹が分かります。
派手さはありませんが、品がありますし高級感も出ます。
実際にご覧になると、招待状用の封筒などとして人気なのがお分かりいただけるのではないでしょうか。
エンボス加工はインパクトのある封筒を作りたいという時に、ぜひおすすめしたい加工です。

封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、様々なオリジナル封筒の作成を行っています。
既製の封筒への印刷やセミオーダーに加え、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒の作成が可能な、オーダーメイドにも対応しております。
エンボス加工をはじめ、各種加工もご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

受け取り側に強く印象に残るレッドの封筒

例えばダイレクトメールなど、受け取った側に強く印象に残るような封筒を作りたい、という方もいらっしゃると思います。
そんな時におすすめなのがレッドの封筒です。
赤という色は目立つ色ですし、エネルギッシュでパワフルなイメージもありますので、レッドの封筒なら受け取った側の記憶に強い印象を残す事が出来るでしょう。
真っ赤な封筒に社名など必要最低限の情報を黒で印刷しただけの封筒は、デザインそのものはとてもシンプルですが、封筒の赤が強い印象を与えてくれますので、記憶に残りやすくなります。
高級感を出したい場合には金の箔押しなどと組み合わせても良いですね。
また同じ赤でも光沢感のある赤や目の覚めるような明るい赤、落ち着いた赤など、色々な赤がありますので、お好みのイメージの赤をお選びになってみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむでは既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、多種多様なオリジナル封筒の作成を承っております。
既製の封筒への印刷ならコストを抑える事ができ、またオーダーメイドですと大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒の作成が可能です。
受け取った側に強い印象を残せるレッドの封筒をはじめ、オリジナル封筒の作成をお考えでしたら、封筒屋どっとこむにお任せいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

高級感を出したい時にオススメな「タント」の封筒

オリジナル封筒を作成する際、どのような用途で使用するかによって、おススメの仕様も違ってきます。
例えば特別なイベントの招待状を送るための封筒など、高級感を出したい時にオススメなのは、「タント」という紙を使った封筒ですね。
「タント」は表面に細かな凹凸のある紙で、光沢はなく、落ち着いた柔らかい印象を持っています。
強度もあってしっかりとしていますので、高級感と共に力強い印象も備わっています。
カラーバリエーションが豊富なのもタントの特徴ですので、高級感を出しつつ、自分好みの色を使いたい時にも、「タント」の封筒はオススメです。
また「タント」以外ですと、NTラシャやレザック66、マーメイド、ミニッツGAなどの封筒も、高級感を出したい時にオススメですね。

封筒屋どっとこむでは既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、それぞれの用途や内容物に適した様々なオリジナル封筒をお作りしております。
特にオーダーメイドですと、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒の作成が可能です。
今回ご紹介しました「タント」をはじめ、オリジナル封筒にお使いいただける紙も、多種多様なものをご用意しております。
オリジナル封筒の作成をお考えでしたら、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

感謝の気持ちを伝えるのにぴったりなギフト券用封筒

お中元やお歳暮などをはじめ、贈り物の品として選ばれる事が多いのがギフト券です。
ギフト券は種類も豊富ですし、ちょっとしたお礼から改まった贈り物まで、様々な場面で重宝出来ますよね。
そんな感謝の気持ちを伝えるのにぴったりなギフト券ですが、それを贈る際に丁度良い、オリジナルのギフト券用封筒を作ってみませんか?

封筒屋どっとこむでは用途や内容物に合わせ、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどでの封筒の作成が可能で、感謝の気持ちを伝えるのにぴったりなギフト券用封筒ももちろんオリジナル封筒として作る事が出来ます。
封筒屋どっとこむではセミオーダーでご注文いただけるチケット用封筒をご用意しており、こちらをギフト券用封筒として利用する事も可能ですし、既製の封筒への印刷でもご注文を承ります。
大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のギフト券用封筒が欲しいという場合には、オーダーメイドでご注文ください。

オーダーメイドですと例えばしっかりとした厚みのある紙に箔押し加工などといった、高級感ある仕様のギフト券用封筒も作る事が出来ます。
ギフト券を贈るご予定がありましたら、感謝の気持ちを伝えるのにぴったりなギフト券用のオリジナル封筒を、封筒屋どっとこむで作ってみてはいかがでしょうか。

ギフト券用封筒以外にも、封筒屋どっとこむでは様々な封筒、また紙袋やパッケージ袋、便箋、カードなどといったものもお作りいたします。
ご入用のものがございましたら、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top