Home

封筒印刷よもやま話

今も昔も世界中で活躍する【封筒の歴史】を知ろう

メールなどのデータでのやりとりが一般的になった現在ですが、それでも「封筒を一切見なくなった」という方は滅多にいらっしゃらないのではないでしょうか。
日常生活において、封筒は切っても切り離せない存在になっていると言っても過言ではないかもしれません。
そんな今も昔も世界中で活躍する封筒ですが、封筒には一体どんな歴史があるのでしょうか。

封筒の歴史の始まりは、16~17世紀のヨーロッパであると考えられています。
ただ当時はそれほど一般的なものではなく、広く使われるようになったのは1840年という説が有力ですね。
それまでは枚数などで郵便料金が決まっていましたが、重量によって決めるようになった事で、封筒が使われるようになったそうです。
今も昔も世界中で活躍する封筒ですが、日本における歴史としては、中世より古くから紙で包んだ書簡を送っていたそうですので、これが封筒のようなものだと言っても良いかもしれませんね。
また江戸時代には「絵封筒」という袋に絵の描かれた便箋を入れていたそうです。
日本でも海外でも、郵便制度の発展と共に広く使われるようになったという歴史を持つ封筒ですが、今も昔も、そしてこれからも、世界中で活躍し続ける事でしょう。

封筒は既製のものも種類は豊富ですし、手軽に手に入りますが、オリジナルの封筒も気軽に作る事が出来ますよ。
封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、多種多様なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷やセミオーダーに加え、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒もオーダーメイドで作成可能です。
少部数のご注文も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
また封筒以外にも、紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などもお作りいたします。
ご入用のものがございましたら、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

結婚式のデータの受け渡しに使えるCD用封筒

最近では写真もそうですが、動画も気軽に撮る事が出来ますよね。
日常的に写真や動画を撮っているという方も多いと思いますが、特別なイベントの時には撮影にもより一層力が入る事でしょう。
例えば結婚式では、身内や友人に撮影係をお願いしたり、専門の業者に依頼するという事も多いと思います。
そんな結婚式で撮影した写真や映像のデータの受け渡しには、CDやDVDがよく使われますが、その際にぜひおすすめしたいのがオリジナルのCD用封筒の作成です。
オリジナルのCD用封筒なら、新郎新婦の名前や結婚式の日付を入れたり、お好みのデザインにする事が出来ます。
結婚式のデータの受け渡しの際に、オリジナルのCD用封筒を使えば、結婚式の記憶をより特別なものにする事が出来るでしょう。
封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、多種多様なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷やセミオーダーに加え、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒をオーダーメイドで作成する事も可能です。
CD用封筒ですと、丸い窓のついたものをよく目にしますが、丸い窓付きのCD用封筒にももちろん対応しております。
また封筒屋どっとこむでは、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋の作成も承っておりますので、結婚式のデータの受け渡しに使えるCD用封筒だけでなく、結婚式の招待状なども作る事が出来ますよ。
それ以外にも紙袋やパッケージ袋など、様々なものをお作りいたしますので、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

宛名が確認しやすい!窓付きの診断書用封筒

社用封筒として用意しておくと便利な窓付き封筒ですが、健康診断などの際の診断書用封筒としても、窓付き封筒はおすすめです。
通常の窓付き封筒と同じように、窓付きの診断書用封筒なら宛名が確認しやすくなりますので、封入などの作業も楽に行えるようになりますよ。

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
特にオーダーメイドですと、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事ができ、それぞれの用途や内容物にぴったりの封筒の作成が可能です。
宛名が確認しやすい窓付きの診断書用封筒に関しましても、それぞれの診断書に合わせてお作りいたします。
例えば大きさは診断書を折らずに入れられるものや折り畳んでぴったり封入出来るサイズなど、既製サイズのものはもちろん、特殊なサイズにも対応可能です。
また700種類を超える窓型をご用意しており、窓部分は大きさや形、位置、数などを自由にご指定いただけるようになっております。
窓のサイズや位置によって料金が変わるという事はございませんので、コストも抑えられます。
他にも中身が透けにくい紙や加工を利用したり、口糊加工を施したりする事も可能です。

宛名が確認しやすい窓付きの診断書用封筒を使用する事で、作業を効率化でき、また中身を間違って封入してしまう心配もなくなるでしょう。
皆様も封筒屋どっとこむで、窓付きの診断書用封筒を作ってみませんか?


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

ニュースレターを郵送する際によく使われる封筒とは

お店や企業からお客様に送るものというと、ダイレクトメールもございますが、ニュースレターもありますよね。
商品などの売り込みを目的としたダイレクトメールでなく、お客様に役立つお得な情報を載せたニュースレターを送る事は、お客様とより良い人間関係を築く事に繋がります。

そんなニュースレターを郵送する際には、OPP封筒やビニール封筒などの透明封筒がよく使われています。
紙の封筒ですと中身が見えませんので、ダイレクトメールと思われて開封されずに捨てられてしまう恐れがあります。
しかし中身の見える透明封筒なら中身がニュースレターという事が分かり、開封してもらえる可能性が高くなります。
また透明封筒は水濡れにも強く、雨などで中身が濡れてしまう心配もせずに済みます。
ただ透明封筒はニュースレターを郵送する際によく使われる封筒ではあるものの、安っぽく見えてしまう場合もございます。
高級感や特別感を売りにした企業などでは、しっかりとした上質な印象の紙の封筒を使った方がイメージを壊さずに済むでしょう。

封筒屋どっとこむでは、それぞれの用途な内容物に適した様々なオリジナル封筒の作成を承っております。
ニュースレターを郵送する際によく使われる透明封筒をはじめ、既製の封筒も各種ご用意しておりますし、セミオーダーやオーダーメイドでのご注文も可能です。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事が出来ます。
また封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋もお作りいたしますので、案内状や招待状などの作成もお任せください。
ニュースレター用の封筒をはじめ、オリジナル封筒がご入用の際は、封筒屋どっとこむにお任せいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

「ルミネッセンス」で作る究極を目指した白い封筒

紙と言われてまずイメージするのは、真っ白の紙という方が多いのではないでしょうか。
ただ同じ白い紙でも、紙の種類によって思っている以上に違いがあります。
白にも色々な白がありますし、厚みや手触りが違えば全く異なる印象になります。
「ルミネッセンス」も単純に言ってしまえば「ただ白い紙」ですが、究極を目指した白い封筒を作りたいという時にぴったりの紙ですね。

「ルミネッセンス」は単に白い紙なのではなく、「究極の白」を目指して作られた紙です。
「冷光」を由来とする名前を持つのにふさわしい、眩しささえ感じる程の白さを持つ紙となっています。
真っ白の紙ですが人工的な青白さではなく、ごく自然な純白の白ですので、ルミネッセンスを使えば究極を目指した白い封筒を作る事が出来るでしょう。
「ニュートラルホワイト」と「マキシマムホワイト」の2種類があり、どちらも純白ですが、ニュートラルの方は清楚で深みのある白、マキシマムの方は輝きと気品を備えた白となっています。
白さの度合いで言えばマキシマムの方が白く、太陽光の下で見比べるとその違いは一目瞭然です。
「ルミネッセンス」で封筒を作る場合には、金や銀の箔押しとの組み合わせもおすすめですし、エンボス加工で白を際立たせた究極を目指した白い封筒とするのも良いのではないでしょうか。

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事が出来ておすすめです。
今回ご紹介しました「ルミネッセンス」の他、多種多様な紙でオリジナル封筒をお作りいただけますので、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

書籍の発送に役立つ厚紙封筒

お客様に書籍などを発送する際、一般的な紙の封筒では、配送中に封筒が破れてしまわないか心配ですよね。
書籍以外でも、カタログやDVD、大量の書類などを送る際には、しっかりとした封筒を使った方が安心です。
そんな書籍などを発送する際に役立つのが厚紙封筒です。
厚紙封筒は分厚くしっかりとした強度のある厚紙で出来ていますので、配送中に破損する心配をせずに済みます。
厚紙封筒は市販のものもございますが、書籍などの発送の機会が多いのであれば、オリジナルのものを作成しておけば役立ちますよ。
封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
厚紙封筒に関しましても、既製のものをご用意しておりますし、オーダーメイドでもご注文いただけます。
オーダーメイドなら既製の封筒にはない大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒の作成が可能です。
書籍などの内容物にぴったりの大きさに出来ますし、窓付きにしたり、お好みの紙をお選びいただく事も可能です。
印刷も全面に行えますので、オリジナルデザインの厚紙封筒を作れば、広告効果も期待出来るでしょう。

書籍の発送に役立つオリジナルの厚紙封筒の作成をお考えでしたら、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。
またそれ以外にも、封筒がご入用の際はぜひ封筒屋どっとこむをご利用いただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

直接商品にさわれる!オープン窓のパッケージ封筒

封筒の使い道は、手紙や書類などを入れるだけではありません。
例えば食品や雑貨など、商品を入れるパッケージ袋としてもお使いいだけます。
封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、それぞれの用途な内容物に適したオリジナル封筒をお作りしております。
特にオーダーメイドですと、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事が出来ますので、商品にぴったりのパッケージ封筒の作成が可能です。
パッケージ封筒も本当に色々なものがございますが、人気のあるものの一つが、中の商品が見える窓付き封筒ですね。
実際の商品が見える事で購買意欲を刺激できますし、安心感にも繋がります。
また同じ窓付き封筒でも、商品によっては直接商品にさわれるオープン窓のパッケージ封筒にするのもおすすめです。
タオルや服など、手触りも重視されるような商品の場合、直接商品にさわれるオープン窓のパッケージ封筒にする事で、お客様に好印象を与える事が出来るでしょう。
封筒屋どっとこむでオリジナルの窓付き封筒作成の際には、窓の形や大きさ、数、位置などをお好みでご指定いただけるようになっております。
直接商品にさわれる、オープン窓のパッケージ封筒も、マチをつけたり紙にこだわったりと、お好みの仕様のものを作る事が出来ますよ。
またオープン窓のパッケージ封筒以外にも、オリジナル封筒がご入用の際は、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

節分用の豆も小分けに封筒に入れて可愛く!

節分というと、近頃は恵方巻きの存在感が増してきていますが、節分には福豆も欠かせませんよね。
ご家庭では大袋に入った福豆を買い、豆まきをしたり、歳の数だけ食べたりされる事でしょう。
また幼稚園や保育園などですと、小分けにして配るという事も多いと思います。
福豆はあらかじめ少量ずつに個装されたものも売られていますが、オリジナルの封筒で小分けにするという方法もおすすめです。
封筒屋どっとこむでは、それぞれの用途や内容物に適した、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
節分用の豆も、小分けに封筒に入れて可愛くしてみてはいかがでしょうか。
封筒屋どっとこむでは既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、オリジナル封筒の作成が可能です。
既製の封筒への印刷ですと作成費用を抑える事が出来ますし、オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事が出来ます。
節分用の豆を小分けに入れられる封筒でしたら、セミオーダーでの作成が可能なポチ袋でも可愛く仕上がるでしょう。
少部数のご注文も承っておりますので、子供会やご家庭などでも、ぜひ節分用の豆を封筒に入れて可愛く小分けにしてみてください。
また神社などで福豆を配るというような場合にも、ぜひ封筒屋どっとこむに福豆用のオリジナル封筒の作成をお任せいただけましたら幸いです。

節分用の豆を小分けに出来る封筒の他、封筒屋どっとこむでは様々なオリジナル封筒の作成が可能です。
ご興味がありましたら、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

上品な光沢が魅力的な特殊紙「ペルーラ」

上品な印象の封筒を作りたい。
そんな時にぜひおすすめしたいのが、上品な光沢が魅力的な特殊紙「ペルーラ」です。
この「ペルーラ」という名前は、スペイン語で「真珠」を意味し、まさに真珠の様な上品な光沢がとても魅力的な特殊紙となっています。
光沢があるといっても、ギラギラとした主張の強い光沢ではなく、落ち着いたパール調の光沢ですので、派手になり過ぎず上品な高級感を出す事が出来ます。
さらっとした手触りで、文字などを印刷をした場合にも鮮やかに発色してくれます。
紙自体に存在感がありますので、シンプルなデザインでも十分見映えのする封筒を作る事が出来るでしょう。

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、それぞれの用途な内容物に適したオリジナル封筒をお作りしております。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事が出来ておすすめです。
今回ご紹介しました、上品な光沢が魅力的な特殊紙「ペルーラ」をはじめ、紙も多種多様なものをご用意しております。
「こんな雰囲気の封筒を作りたい」など、ご希望がございましたら、お気軽にお申し付けください。
また封筒以外にも、パッケージ袋や紙袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っております。
ご入用のものがございましたら、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

手書き風のイラストで親しみやすい封筒

オリジナル封筒と言っても、その使い道によってデザインは様々です。
例えば事務用の社用封筒の場合ですと、社名やロゴ、住所などの最低限の情報のみを印刷したシンプルなものが多いですね。
季節の行事やイベントに合わせたキャンペーンの案内状用の封筒であれば、その季節やイベントの雰囲気に合ったイラストを入れたものをよく目にします。
中でも特に親しみやすい印象の封筒にしたい場合には、手書き風のイラストにすると良いでしょう。
かっちりとした作画のイラストに比べ、手書き風のイラストはより身近な雰囲気が出ますので、親しみやすい封筒にぴったりです。
鉛筆やクレヨンのような柔らかい印象の線で描いたり、塗りもあえて色ムラを出したりすする事で、同じイラストでも手書きらしい雰囲気になります。
色もきっちりと塗らず、あえてはみ出すように塗るのも良いですね。
さらに手書き風イラストの親しみやすい封筒の場合は、使用する紙も少し目の粗い、いわゆる「画用紙」の様な雰囲気のものを選ぶ事で、イラストの雰囲気をより引き立てられるでしょう。

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、多種多様なオリジナル封筒をお作りしております。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒を作る事が出来るのが魅力です。
またカードや便箋などのご注文も承っておりますので、オリジナルのレターセットなどを作る事も出来ますよ。
オリジナル封筒の作成をお考えでしたら、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top