Home

封筒印刷よもやま話

質感へのこだわりでワンランク上の封筒「プライク紙」

せっかくオリジナル封筒を作るなら、他にはない自分だけのこだわりの詰まった封筒にしたいとお思いの方も多いのではないでしょうか。
特にオーダーメイドの場合は大きさや形、素材、加工など、全てを自由に決める事ができ、既製の封筒にはないオリジナル仕様の封筒を作る事が出来ますので、こだわりを見せるにはもってこいですよね。
皆様色々なこだわりがあると思いますが、ワンランク上の封筒を作りたいという時には、質感へのこだわりも一つの方法です。
例えば同じデザインの服でも、素材の良し悪しで印象が違って見えるなんて事は珍しくありません。
それと同じように封筒も、素材が封筒そのものの印象に大きく影響を与えます。
質感へのこだわりでワンランク上の封筒を作る際におすすめの紙の一つが「プライク紙」ですね。
「プライク紙」は「プラスチックライク(プラスチックのような)」という単語を元に名付けられた紙で、独特の手触りが大きな特徴です。
ともするとぬめりさえも感じさせるような、しっとりとした手触りのマットな紙ですので、機会がありましたらぜひ実際に手に取ってその感触を味わってみていただきたいですね。
ホワイトやアイボリーの他、レッドやネイビー、ブラウンなどの豊富なカラーバリエーションがございます。
「プライク紙」を使う事で、質感へのこだわりによるワンランク上の封筒を作る事が出来るでしょう。

封筒屋どっとこむでは既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、それぞれの用途な内容物に適したオリジナル封筒をお作りしております。
紙も多種多様な物をご用意しておりますので、ご希望のイメージなどがございましたらお気軽にお伝えください。
また封筒の他にも紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っております。
ご入用の際はぜひ封筒屋どっとこむにお任せいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

金銀が高級感を際立たせる大人な封筒

オリジナル封筒を作成する際、どの層に向けた封筒なのかを考える事で、デザインのイメージが固まりやすくなります。
例えば幼い子供向けの封筒ですと、可愛らしいキャラクターをデザインしたり、明るい色やパステルカラーを使うと良いですね。
反対に対象年齢が高い場合、金や銀を使って高級感を際立たせる事で、大人な雰囲気の封筒になります。
金や銀といった色合いは高級感を際立たせるのにぴったりの色ですが、通常のインキを使った印刷では、その輝きを表現するのは困難です。
そこで金や銀を表現する場合には、特色インキや箔押しを利用します。
特色インキは金や銀といった、通常のインキを使った印刷では表現するのが難しい色を印刷するために作られたインキです。
特色インキを使用する事で、金や銀を使った大人な封筒を作る事が出来ます。
そして箔押しは、金や銀といった色の箔を熱圧着させる加工です。
特色インキよりもさらに光沢のある金や銀を表現でき、高級感もより際立たせる事が出来るでしょう。
白い封筒に金や銀という組み合わせも上品でおしゃれですし、黒い封筒に金や銀ですとインパクトあるスタイリッシュな大人な封筒という印象になります。
金や銀はワンポイントでも存在感がありますし、シンプルなデザインでもしっかりと主張してくれる封筒になるでしょう。

封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷やセミオーダーの他、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事の出来るオーダーメイドでもご注文を承っております。
金や銀を使った大人な封筒も、もちろん作成可能です。
まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

宛名が見える便利な窓付き封筒の種類や特長

社用封筒などでは一般的な封筒の他、窓付き封筒を用意する事も珍しくありません。
また郵便物を受け取る側としても、窓付き封筒を受け取る事はよくありますよね。
今回は宛名が見える便利な窓付き封筒の種類や特長について、ご紹介したいと思います。

窓付き封筒の特長は、やはり宛名が見えて便利という点でしょう。
改めて封筒に宛名を記入する手間が省けますし、中身を入れ間違える心配もなくなります。
窓付き封筒の種類としましては、窓部分に貼られている素材の違いがあります。
完全に透明のセロハン、もしくはうっすらと透けるグラシン紙の2種類のうち、いずれかが貼られています。
それぞれの種類の特長に関してですが、セロハンは透明ですので中身の宛名と鳴る部分がくっきりと見えるものの、封筒を捨てる際にはセロハンをはがして分別する必要があります。
グラシン紙はセロハンに比べて透明度は下がるものの、紙ですので封筒を捨てる際に分別の必要がありません。
それぞれの特長を踏まえ、お好みの素材をお選びになると良いでしょう。

封筒屋どっとこむでは既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
宛名が見える便利な窓付き封筒に関しましても、既製のものを各種ご用意しておりますし、オーダーメイドでの作成も可能です。
オーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事が出来るのが魅力で、窓付き封筒の場合は窓の位置や形、数なども自由にご指定いただけます。
窓付き封筒をはじめオリジナル封筒の作成をお考えでしたら、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

ブルックリン柄で海外のお洒落感が出るクラフト封筒

柄にも色々なものがありますが、ブルックリン柄は高い人気がありますよね。
文字やイラストなどを並べたモノトーンのブルックリン柄は、海外のお洒落感を出せる柄の一つです。
封筒に取り入れるのなら、やはりクラフト封筒との組み合わせが一番ですね。
クラフト紙はナチュラル感のある独特の風合いを持ち、地味な印象ながらも存在感があり、ブルックリン柄との相性は抜群です。
クラフト封筒にブルックリン柄の組み合わせで、海外のお洒落感たっぷりのオリジナル封筒を作る事が出来るでしょう。
手紙などを入れるのはもちろん、雑貨などを入れるパッケージ袋としてもお使いいただけますし、マチと取っ手を付ければ紙袋にもなります。
皆様もぜひブルックリン柄で海外のお洒落感が出るクラフト封筒を作ってみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で様々なオリジナル封筒をお作りしております。
中でもオーダーメイドは既製の封筒にはない大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒を作る事が出来るのが魅力です。
封筒屋どっとこむでは少部数でのご注文も承っておりますし、ビジネスでもプライベートでも、オリジナル封筒がご入用の際はぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

フタ部分に描く会社のロゴが印象的な社用封筒

社用封筒は、社名やロゴなどの必要最低限の情報のみを印刷したものが一般的です。
ただそうなると、他の封筒との差別化が難しいとお思いの方も多いのではないでしょうか。社用封筒は会社のイメージにも影響しますので、インパクトある封筒にしたいと思っても、派手なデザインは社風に合わないという事もありますよね。
そんな時にはフタ部分に会社のロゴが描く事で、印象的な社用封筒を作ってみてはいかがでしょうか。
フタ部分に会社のロゴを描くと言っても、単にフタ部分にロゴを印刷するというわけではありません。
おすすめなのはロゴを白抜きにした頭ベタ印刷です。
頭ベタ印刷とは封筒のフタ部分を全面塗りつぶす印刷で、完全な頭ベタ印刷を行うだけでも封筒に存在感を出す事が出来ます。
印象的な社用封筒にしたい場合には、頭ベタ印刷の際に社名やロゴを白抜きにする事で、シンプルなデザインながらも強いインパクトを与える封筒に出来るでしょう。
社用封筒の印象が薄いとお悩みの際には、フタ部分に会社のロゴを描く事で、印象的な社用封筒に変身させてみてはいかがですか?

封筒屋どっとこむではそれぞれの用途な内容物に適したオリジナル封筒を、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形でお作りしております。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作成出来ますのでおすすめです。
また封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っておりますので、社用のレターセットや、イベントの招待状などがご入用の際も、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。
まずはお気軽にお問い合わせいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

サークルの集まりなどで使えるちょっとお洒落な集金袋

例えば公共料金など、近頃は現金ではなく振込で支払うという事も多くなっていますよね。
それでもちょっとした飲み会やサークルの集まりなど、現金で会費や参加費を集めるような機会も決して少なくないでしょう。
そんなサークルの集まりなどで使える、ちょっとお洒落なオリジナルの集金袋を、封筒屋どっとこむで作ってみませんか?
封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で封筒を作る事ができ、サークルの集まりなどで使えるちょっとお洒落な集金袋も、もちろん作成可能です。
既製の封筒への印刷ならコストを抑えられますし、オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の集金袋を作る事が出来ますよ。
オリジナルの集金袋なら、金額の記入欄などお好みのデザインを印刷出来ます。
また繰り返しフタを開け閉めするという事を踏まえて、玉ひも(マルタック)付きの集金袋にするというのも良いですね。
玉ひもは利便性も高く、またデザイン的にもお洒落ですし、集金袋にぴったりです。
サークルの集まりなどで使えるちょっとお洒落なオリジナル集金袋、皆様もぜひ作ってみてはいかがでしょうか。
業者への発注となると、それなりにまとまった数を作らなければならないのでは?と思われるかもしれませんが、ご安心ください。
封筒屋どっとこむでは少部数でのご注文も承っております。
まずはお気軽にお問い合わせいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

ありがとうを伝える父の日にもぴったりなネクタイ袋

封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、それぞれの用途な内容物に適したオリジナル封筒をお作りしております。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事が出来ますのでおすすめです。
既製の封筒への印刷はオーダーメイドに比べると仕様に関する自由度は下がるものの、コストを抑えられるのが魅力ですね。
またセミオーダーでも様々な封筒の作成を承っており、ネクタイ用のパッケージ袋もその一つです。
ネクタイは父の日のプレゼントの定番の品の一つですし、封筒屋どっとこむのセミオーダーで、ありがとうを伝える父の日にもぴったりなネクタイ袋を作ってみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむのネクタイ袋はサイズが120mm×390mm、色は白と黒の2種類ご用意しております。
高級感のあるネクタイ袋に仕上がるよう、紙は厚みのある物を使用します。
印刷も可能で、白の場合は特色1~3色、もしくはフルカラー印刷、黒の場合は白・銀・赤金・青金のいずれか1色での印刷となります。
「ありがとう」や「Thank You」の文字を入れたり、父の日の花である黄色いバラをデザインすれば、ありがとうを伝える父の日にもぴったりなネクタイ袋になりますね。
またセミオーダーでなく、完全オーダーメイドでもご注文を承っております。
ありがとうを伝える父の日にもぴったりなネクタイ袋、ぜひお好みのものをお作りになってみてください。

封筒屋どっとこむでは他にも封筒やパッケージ袋、紙袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などもお作りいたします。
ご入用のものがございましたら、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

内容物が取り出しやすい【カマス貼り】の封筒

長い辺にフタの付いた横長の封筒を「洋型封筒」と言いますが、洋型封筒は【カマス貼り】もしくは【ダイヤモンド貼り(ダイヤ貼り)】という貼り方で作られています。
今回はこの2つのうち、内容物が取り出しやすい【カマス貼り】の封筒についてご紹介しましょう。

【カマス貼り】の封筒は、両端をのりしろとして折り返し、そこへ底の折り返しを重ね合わせて作られる封筒です。
【ダイヤモンド貼り】の封筒のフタが三角形であるのに対し、【カマス貼り】の封筒は長形封筒や角形封筒のような四角いフタをしています。
【カマス貼り】は封入口が広いため、内容物が取り出しやすい点が大きな特徴ですね。
自動封入機向きの貼り方ですので、ダイレクトメール用の封筒としても重宝されます。
一般的に【カマス貼り】というと、両端ののりしろが見えないように内側に貼り合わせた【カマス内貼り(内カマス貼り)】である事が多く、両端ののりしろを見えるように外側に貼り合わせたものは【カマス外貼り】と呼ばれます。
【カマス外貼り】は封入の際に引っかかりが少なく、作業がしやすい点が好まれます。
招待状を送るなどといったフォーマルな場面では【ダイヤモンド貼り】の封筒が好まれるのに対し、内容物が取り出しやすい【カマス貼り】の封筒はビジネスで使われる事の多い封筒ですね。

封筒屋どっとこむではそれぞれの用途や内容物に適した封筒を、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で作成しております。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒を作る事が出来ておすすめです。
また既製の封筒も多種多様なものをご用意しております。
さらに封筒だけでなく、紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も可能です。
まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

宛名が書きやすい貼り方【サイド貼り】の封筒

長形封筒や角形封筒などの和封筒は、社用封筒をはじめ様々な場面で使われています。
和封筒の多くは、封筒裏面の中心で貼りあわせを行う【センター貼り】という貼り方で作られています。
またセンター貼りの他、【サイド貼り(スミ貼)】という貼り方で作られている封筒もございます。
センター貼りは貼り合わせが中心にくる事で安定感と強度が生まれますし、きっちりとした印象になるというメリットもあります。
しかし封筒として出来上がった状態で印刷を行うと、中心に貼り合わせがある事で色むらが出やすく、また貼り合わせ部分の段差で宛名の記入がし辛いなどのデメリットもございます。
そんなセンター貼りに対し、【サイド貼り】の封筒は貼り合わせが左右のどちらかの端に寄せられています。
紙の重なりが端に寄っている事で、センター貼りのような印刷の色むらが出にくく、また宛名も書きやすい貼り方です。
ただ【サイド貼り】は宛名が書きやすいなどのメリットのある貼り方ではありますが、【サイド貼り】の封筒ならではのデメリットもございます。
貼り合わせが左右どちらかの端にある事で、多くの封筒を重ねた際に貼り合わせのある片側だけが高くなって傾いてしまいますので、扱い辛さを感じる事があるでしょう。
また貼り合わせが片側に寄っている事で、センター貼りに比べると安定感に欠けるという点もデメリットと言えます。
印刷の色むらが出にくく、宛名も書きやすい貼り方の【サイド貼り】の封筒と、重厚な印象で安定感のある【センター貼り】の封筒、用途などによって使い分けるようにすると良いですね。

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷ですとコストを抑えられますし、オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒の作成が可能です。
また紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っておりますので、ご入用のものがございましたら、ぜひ封筒やどっとこむをご利用ください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

和封筒の定番【センター貼り】で作る封筒

普段の生活の中で封筒を目にする事は少なくないと思いますが、封筒にも色々な種類がありますよね。
まず大まかな分類として、封筒には「和封筒」と「洋封筒」がございます。
封筒の多くは長方形ですが、フタが短い辺に付いた縦長の封筒が「和封筒」、フタが長い辺に付いた横長の封筒が「洋封筒」です。
そして和封筒にはA4用紙などを折らずに封入出来る「角形」と、A4用紙などを三つ折りにして入れるのに丁度良い「長形」があります。
さらに和封筒と洋封筒は、それぞれいくつかの「貼り方」があります。
封筒は紙を折って重なった部分を貼り合わせて作られていますが、この「貼り方」が封筒によって異なるのです。
和封筒の定番は【センター貼り】で、多くの和封筒がセンター貼りで作られています。
和封筒の定番である【センター貼り】で作られた封筒は、封筒裏面の中心で貼り合わせが行われています。
貼り合わせている部分は紙が二重になっている事で強度が出ますし、中心にある事で安定感も生まれます。
【センター貼り】で作られた封筒はきちんとした印象と重厚感がある事から、和封筒の定番として重宝されています。
また和封筒にはセンター貼り以外にも、サイド貼りもしくはスミ貼りと呼ばれる貼り方もございます。
こちらは貼り合わせを左右どちらかの端に寄せた貼り方で、紙の重なりが端にある事で印刷の際に色むらが起こりにくく、また宛名も書きやすい点が特徴ですね。

封筒屋どっとこむでは、お客様のご要望に合わせ多種多様なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷やセミオーダーの他、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒もオーダーメイドで作成可能です。
今回ご紹介しました封筒の貼り方の他、封筒に関する疑問などがございましたらお気軽にご相談ください。
またオリジナル封筒の作成をお考えの際には、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top