Home

封筒印刷よもやま話

自社ソフトの給与封筒が合わない時は封筒屋におまかせ!

封筒屋どっとこむでは、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒をオーダーメイドでお作りしております。
また既製の封筒への印刷やセミオーダーでもご注文を承っており、既製の封筒も多種多様なものをご用意しております。
例えば給与明細書用の窓付き封筒も、各種給与ソフトに対応したものを多数取り揃えておりますので、コストを抑えつつ、オリジナルの給与明細書用封筒を作る事が出来ます。
ただ中には自社ソフトを使って明細書を作っているなど、既製の給与封筒が合わないというケースもあるかもしれません。
そんな時も封筒屋どっとこむにおまかせください。
封筒屋どっとこむでは、自社ソフトで作成した給与明細書に合わせたオリジナルの給与封筒をお作りする事も可能です。
既製の給与封筒が合わない場合、明細書の氏名や住所の記入欄と、封筒の窓の位置が合わないケースが考えられます。
封筒屋どっとこむでは窓付き封筒用に700種類を超える窓型をご用意しております。
これらの窓型からお好みのサイズをお選びいただけるのはもちろん、窓の位置や数も自由にご指定いただけます。
これなら既製の給与封筒が合わない、自社ソフトで作成した給与明細書にも、ぴったりの窓付き封筒を作る事が出来るでしょう。
既製品を含め給与明細書用の窓付き封筒をお探しでしたら、ぜひ封筒屋におまかせください。

封筒屋どっとこむでは封筒の他にも、紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も可能です。
封筒などの作成をお考えの際は、封筒屋におまかせいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

芸術の秋!美術館の展覧会招待用のオリジナル封筒

「食欲の秋」「スポーツの秋」など、色々な秋がありますが「芸術の秋」も忘れてはなりませんよね。
美術館やコンサートに行ったり、自分で絵を描いたりと、様々な楽しみ方があると思います。
普段は美術館へ行く事のない方でも、芸術の秋という事で美術館を訪れようと考える方も少なくないでしょう。
美術館側でも様々な催しを企画されていると思いますが、展覧会招待用にオリジナル封筒を作ってみるというのはいかがでしょうか。
封筒屋どっとこむではそれぞれの用途や内容物に適したオリジナル封筒を、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形でお作りしております。
芸術の秋にぴったりの、美術館の展覧会招待用のオリジナル封筒ももちろん作成可能です。
企画展示に合わせたデザインにしたり、さすが美術館の封筒と言えるような芸術的なデザインにすれば、美術館に来る前から来館者の方に楽しんでいただけるでしょう。
またオリジナル封筒が「美術館に行ってみたい」と思うきっかけになるかもしれませんね。
美術館の展覧会招待用のオリジナル封筒ですと既製の封筒への印刷でも作成出来ますし、チケット用封筒ならセミオーダーでもご注文いただけます。
もちろんオーダーメイドで大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒をお作りいただくというのもおすすめです。
芸術の秋に向け、美術館の展覧会招待用の封筒をぜひお作りになってみてはいかがでしょうか。

また封筒屋どっとこむでは大部数のご注文だけでなく、少部数でのご注文も承っております。
プライベートでオリジナル封筒を作るという形で芸術の秋を楽しみたいという方も、お気軽に封筒屋どっとこむをご利用ください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

ローマ字ロゴもおしゃれに決まる未晒クラフトで作る封筒

封筒屋どっとこむでは日々様々なオリジナル封筒のご注文をいただいておりますが、その中でも多いもの一つが、社名やロゴを取り入れたデザインの封筒です。
社名やロゴが印象的にデザインされていれば受け取った方の記憶にも残りやすく、宣伝効果も期待出来ます。
社名やロゴを入れる場合でも色々なデザインが考えられますが、例えば未晒クラフトで作る封筒なら、ローマ字ロゴもおしゃれに決まるでしょう。
未晒クラフトは封筒や紙袋、梱包紙でよく目にする茶色い紙で、強度が高く丈夫であるという特徴があります。
一見地味な印象の紙ではありますが、独特の素朴な風合いやナチュラルな印象が好まれている紙です。
紙自体に存在感がありますので、ローマ字ロゴを入れるだけでもおしゃれに決まりますし、印刷も黒一色の印刷など少ない色数で十分様になります。
ローマ字ロゴをおしゃれに決めたい時には、未晒クラフトで作る封筒も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、オリジナル封筒の作成が可能です。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒を作る事が出来ておすすめですね。
また紙袋やパッケージ袋などもお作りしておりますし、ご入用のものがございましたらぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

ほんの気持ちの心づけにもちょうど良い「ぽち袋」

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、それぞれの用途や内容物に適したオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷ですとコストを抑えられますし、オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、既製品にはない仕様の封筒の作成が可能です。
さらにセミオーダーの場合は、既製の封筒への印刷よりは自由度が高く、それでいてオーダーメイドよりコストが抑えられるという点がメリットですね。

封筒屋どっとこむでセミオーダーでお作りいただけるものの一つが、ほんの気持ちの心づけにもちょうど良い「ぽち袋」です。
お年玉のイメージが強い「ぽち袋」ですが、普段のちょっとしたお金のやりとりや、細々とした雑貨やアクセサリーを保管するのにもお使いいただけます。
お釣りや商品サンプルなどを入れてお客様にお渡ししたり、ほんの気持ちの心づけの際にも「ぽち袋」はちょうど良く、様々な場面で重宝出来ます。
封筒屋どっとこむの「ぽち袋」のセミオーダーは、一般的な「ぽち袋」サイズ(64mm×97mm)で、白の上質紙に1~3色の特色印刷、もしくはフルカラーでの印刷が可能です。
既製の封筒への印刷とは違い、印刷可能範囲もぽち袋の外側ほぼ全面となっており、デザインの幅も広がります。
また上記とは異なる仕様の「ぽち袋」も、オーダーメイドでお作りいたします。
皆様もぜひほんの気持ちの心づけにもちょうど良い「ぽち袋」を作ってみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむでは、封筒をはじめ、ポチ袋やパッケージ袋、紙袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っております。
ご入用のものがございましたら、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問合せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

文房具やさんになじみのある動物柄の封筒

文房具屋さんや雑貨屋さんなどで買い物をした際、購入した商品を封筒に入れてもらった経験のある方は多いのではないでしょうか。
文房具屋さんなどでなじみのある動物柄の封筒を見ると、無性に懐かしい気持ちになったりしますよね。
そんな文房具屋さんなどでおなじみの動物柄の封筒は、もちろん市販もされていますが、オリジナル封筒として作る事も出来ます。
封筒屋どっとこむでは既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、既製の封筒にはないお好みの仕様のオリジナル封筒の作成が可能です。
文房具屋さんになじみのある動物柄の封筒の場合、やや薄めの紙を使うと、イメージに近くなりますね。
動物柄の封筒も市販の封筒ですと、封筒の色や印刷色、柄などにバリエーションがあっても、選択肢には限りがあります。
しかしオリジナル封筒として作成すれば、色も柄も、全ての仕様をご自身で自由に決める事が出来ます。
自分の好みにぴったりの封筒を作る事が出来るわけですね。
封筒屋どっとこむでは少部数でのご注文も承っておりますので、プライベートでオリジナル封筒を作ってみたいというお客様も歓迎しております。
また封筒の他、紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も可能です。
文房具屋さんなどでおなじみの動物柄の封筒をはじめ、オリジナル封筒の作成にご興味がありましたら、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問合せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒の紙の厚さについてのお話

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形でオリジナル封筒をお作りしております。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒を作る事が出来ておすすめです。
また既製の封筒も各種ご用意しておりますので、コストを抑えつつ、それぞれの用途や内容物に適した仕様のオリジナル封筒を作る事も可能です。
いずれの形でオリジナル封筒を作成する場合でも、お客様の頭を悩ませる事の一つが「封筒の紙の厚さについて」ではないでしょうか。
既製の封筒にも色々な厚さのものがございますし、オーダーメイドになると選択肢の幅はさらに広がります。
そこで今回は「封筒の紙の厚さについて」お話したいと思います。

封筒の紙の厚さについてですが、まず紙の厚さは「連量」や「坪量」などの「重さ」であ表されます。
連量も坪量も、基本的には数値が大きい方が厚く、小さい方が薄くなります。
一般的な紙の封筒の場合、坪量で表すと80g/㎡や100g/㎡の厚さの紙が使われていますので、オリジナル封筒を作成する際には、まずはこの厚みを基準にするとよいでしょう。
では一般的な封筒よりも薄い紙を使った場合にはどうなるのかというと、紙が薄くなれば紙そのものの価格も下がりますので、封筒作成にかかるコストを抑えられます。
また紙が薄い分封筒の重さも軽くなりますので、同じ送料でも厚みのある封筒より多くの内容物を封入出来るようになります。
ただし紙が薄くなればその分封筒の強度は下がりますし、中身も透けやすくなるというデメリットがございます。
反対に厚い紙で封筒を作った場合、強度があり中身も透けにくい封筒になります。
また厚みのある封筒は高級感や特別感も出ますね。
しかし厚みのある紙は価格も高くなりますし、封筒そのものが重くなりますので内容物が多いと送料も高くなってしまいます。
オリジナル封筒を作成する際には、これらのメリット・デメリットを踏まえ、それぞれの用途などに適した紙の厚みを選ぶようにすると良いでしょう。

今回ご紹介しました封筒の紙の厚さ以外にも、オリジナル封筒作成に関するお悩みなどがございましたら、お気軽に封筒屋どっとこむにご相談ください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

神社の名前も入れられるお守りやお札を入れる封筒

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒の作成が可能です。
オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒を作る事が出来ます。
また既製の封筒も多種多様なものをご用意しておりますので、コストを抑えつつ、それぞれの用途な内容物に適したオリジナル封筒を作る事も可能です。
例えば神社でお守りやお札を入れるための封筒も各種取り扱っており、神社の名前も入れた封筒をお作りする事も出来ます。
神社の名前も入れられる、お守りやお札を入れる封筒は、横120mm×縦160mm、120mm×200mm、120mm×250mm、150mm×290mmの4種に加え、より縦長の90mm×160mm、95mm×280mm、120mm×340mmの3種もございます。
いずれも印刷に対応しておりますので、神社の名前などを入れる事が出来ます。
またお守りやお札用の封筒以外にも、大祓人形や車形用の封筒、お祓い人形や車形、切麻、紙垂なども取り扱っております。
もちろん一般的な封筒に神社の名前も入れるなどしてお守りやお札を入れる封筒としてお使いいただく事も出来ますし、オーダーメイドでの作成ももちろん可能です。
神社で使用する各種封筒などがご入用の際は、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。

お守りやお札用の封筒以外にも、封筒屋どっとこむでは様々なオリジナル封筒をお作りいたします。
またパッケージ袋や紙袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っております。
まずはお気軽にお問合せいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

深い緑で上品な落ち着いた印象の封筒

上品な落ち着いた印象の封筒を作りたい時におすすすめの色の一つが、深い緑色です。
緑は穏やかさや癒しを感じさせる色ですが、深い緑はそれに加え、上品で落ち着いた印象も持ち合わせています。
濃い色合いは暑い時期には少し重たく感じしてしまうかもしれませんが、涼しくなってきたこれからの時期なら、深い緑のような色合いの封筒も心地よく感じるのではないでしょうか。
大人っぽい印象にしたいというような時にも向いた色ですね。
ただ深い緑のような濃い色の封筒の場合、通常のインキを使った印刷では紙色の影響を受けてしまいますので、印刷部分が見え辛くなります。
そのため紙色の影響を受けにくい特色インキでの印刷、もしくは箔押し加工がおすすめです。
特に箔押し加工は金や銀などのメタリックカラーを表現でき、高級感も出せますので、上品な落ち着いた印象の深い緑の封筒にぴったりです。
高級感という点では、ある程度厚みのある紙を使うなど、紙にもぜひこだわりたいですね。

封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、多種多様なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷やセミオーダーに加え、大きさや形、素材、加工など、既製品にはない自由な仕様の封筒をオーダーメイドで作成する事も可能です。
また紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っております。
オリジナル封筒などの作成をお考えでしたら、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

色合いで四季を演出できるリーフ柄の封筒

服や雑貨などで定番の柄の一つがリーフ柄です。
オリジナル封筒のデザインでも、リーフ柄のものは少なくありません。
リーフ柄の封筒の良いところには、色合いで四季を演出できるという点がありますね。
若葉を思わせる黄緑のリーフ柄なら春から初夏を、鮮やかな濃い緑色なら夏を、赤やオレンジ、黄色なら秋を思わせます。
冬は実際の自然の葉の色よりも、イメージを優先した紺や黒、白、また銀や金のリーフ柄というのも冬らしいですね。
同じリーフ柄の封筒でも、それぞれの季節に合わせた色合いにする事で、手軽に四季を演出できるのです。
封筒のデザインは変えたくないけれど、季節ごとに変化は出したい。
そんな時にはリーフ柄の封筒のような、色合いで四季を演出できるデザインの封筒を考えてみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむでは、それぞれの用途や内容物に適したオリジナル封筒を、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形でお作りしております。
既製の封筒への印刷ですとコストを抑えられますし、オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒を作る事ができます。
また封筒だけでなく、紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っております。
オリジナル封筒などがご入用の際は、封筒屋どっとこむをご利用いただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

色んな紙製品に使用される「コニーラップ」で作る封筒

オリジナル封筒を作る際、既製の封筒への印刷ですとコストを抑える事が出来ますが、より自由な仕様の封筒を作りたい時にはオーダーメイドがおすすめです。
オーダーメイドなら既製品にはない大きさや形、素材、加工など、自分の思い通りの封筒を作る事が出来ます。
封筒屋どっとこむではオーダーメイドで封筒の作成が可能ですが、例えば紙も多種多様なものをご用意しております。
今回はその中から、色んな紙製品に使用されている人気の高い紙「コニーラップ」をご紹介しましょう。

日常的によく目にする紙の一つに「クラフト紙」があります。
クラフト紙は封筒をはじめ、紙袋や梱包用紙などにもよく使われており、しっかりとした強度がある点や、独特の素朴な風合いなどが好まれている紙です。
ただクラフト紙は茶色のイメージが強い事から、地味な印象の紙でもありますので、そこが少し物足りないという方もいらっしゃるかもしれません。
「コニーラップ」で作る封筒は、そんな方にぜひおすすめしたいですね。
色んな紙製品に使用されている「コニーラップ」は、色のついたクラフト紙です。
色展開の多い「コニーラップ」で封筒を作れば、クラフト紙の風合いを持たせつつも、美しい色合いも楽しむ事が出来るでしょう。
印刷や加工に向いた紙であるという点も、封筒などの色んな紙製品に使用される理由の一つです。
クラフト紙がお好きな方も、クラフト紙では少し物足りないとお思いの方も、封筒をお作りになる際にはぜひ「コニーラップ」を選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
オリジナル封筒の作成をお考えでしたら、ぜひ封筒やどっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top