Home > 紙全般 > 封筒のカラー

封筒のカラー Archive

シックでおしゃれな黒い封筒

シックでオシャレな黒い封筒

封筒に使われる紙は、色とりどりです。
白や未晒クラフトの薄い茶色が一般的ですが、柔らかい色調のパステルカラーの封筒やビビッドな赤い封筒など、お客様のニーズやシーンに合わせてお選びいただけます。

そんな中、今日はあえて黒い封筒をお薦めいたします。

真っ黒な封筒は、ひときわ目を引きます。
全ての色の中で最も派手な色は黒、という説もあります。

洋服に置き換えて考えてみて下さい。
黒で固めた姿は、シックでおしゃれな印象を与えます。

黒い封筒はインパクト抜群

受け取った相手をドキッとさせる、黒い封筒。

そのインパクトは抜群です。
黒い封筒はあまり一般的に使われるものではないので、珍しく感じる人も多いのではないでしょうか。
例えば、黒い封筒でダイレクトメールを受け取ったらとても印象に残るはずです。

黒が醸し出す高級感は、他の色ではちょっと真似が出来ません。
黒地に金や銀のメタリックなインキで印刷された封筒はハイセンスでゴージャスですし、白のインキを使えばとても目立ちます。

黒い封筒にオススメの印刷

金・銀・白印刷

黒い封筒は、当然ですが黒字で印刷すると見えなくなってしまうので、黒色印刷ができません(箔押しを除く)。

そこで、封筒屋どっとこむでおすすめしている印刷カラーは”金、銀、白”の3色です。
黒い紙に金で印刷をすると、まるで刺繍のように美しく封筒が引き立ちます。

金印刷の例
(金印刷の例)

銀印刷の例
(銀印刷の例)

白印刷の例
(白印刷の例)

「黒地に印刷すると、見にくいのでは?」とご心配される方も多いと思いますが、視認性に影響を感じる事はあまりありません。
また、 封筒屋どっとこむでは印刷前にあらかじめ確認が出来ますので、ご安心下さい。

金・銀・白印刷の詳細はこちら

 

黒い封筒にカラー印刷をしたい場合

黒い封筒にカラー印刷をご希望される場合は、白い紙に黒色のベタ印刷をすることで可能です。
白の文字やデザインをはっきり目立たせたい場合にもおすすめです。

白い紙に黒ベタ印刷をした封筒
白い紙に黒色のベタ印刷を施した封筒の例
株式会社アートフェリーチェ様の作品事例

箔押し

金や銀をインクではなく箔押しにすると、さらに高級感が増します。
特別感を出したい場合やゴージャスな雰囲気、高級感を醸し出したい際などに箔押しがオススメです。
  

金箔押し
(金箔押し)

銀箔押し
(銀箔押し)

箔押し加工の詳細はこちら

  

黒い封筒にオススメの紙3選

「黒い封筒」といっても、マットな感触のコニーカラーブラックや、温かみのあるコットンなど、様々な紙をお選び頂くことが出来ます。
そこで次に、黒い封筒にオススメの紙をご紹介します。

黒い封筒に最適な紙の種類は「コニーカラー」や「色上質紙」などがあります。
業種やシーンによって使い分けていくといいかもしれませんね。

1.コニーカラーブラック

カラークラフト紙で比較的丈夫なのが特徴です。既製品もございます。

コニーカラーブラックの角形封筒

2.コットン

柔らかな質感のコットン配合の紙です。高級感のある上品な紙です。既製品もございます。

コットンの黒い封筒

3.紀州色上質(黒)

画用紙の黒色の用紙です。特注製作で黒封筒を作成する場合、一番価格を抑えて封筒作成が出来る紙です。

紀州色上質の黒い封筒

黒い封筒の作品事例

上記以外にも、黒い封筒に使える紙は色々あります。
黒い封筒の作品一覧を封筒屋どっとこむのお客様作品事例にてご覧頂けます。

紀州色上質で作った黒い封筒 コニーカラーブラックで作った黒い封筒 ビオトープで作った黒い封筒

黒い封筒をご検討の際には、ぜひご参考にして下さい。  

既製品・オーダーメイドの黒い封筒

封筒屋どっとこむでは、洋0、洋2、角2、長3、角6の各サイズの既製品の黒い封筒をご用意しております。
既製品の黒い封筒(洋0) 既製品の黒い封筒(角2) 既製品の黒い封筒(長3)

既製品で間に合うかご確認いただき、ご希望のサイズや紙が無い場合はオーダーメイドをご検討頂ければ宜しいかと思います。
黒い封筒の既製品・オーダーメイドの詳細はこちら

シックでおしゃれな黒い封筒 まとめ

黒い封筒はシックでおしゃれな印象を与えると同時にインパクト抜群です。
既製品封筒に印刷するのも良いですし、オーダーメイドで作成するのも良いですね。

使用するシーンによって使用する紙を変更したり、形を変えてみるのも効果的です。
黒い封筒を作成する際のご参考になれば幸いです。

関連リンク

 
 
(記事公開:2012.8.30 記事更新:2020.5.11)

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

丈夫で中が透けない、しかもカラフルなカラークラフト封筒

クラフト封筒というと、少しだけ厚みがある薄茶色の紙の封筒をイメージされるのではないでしょうか?

クラフト封筒の主な種類は3種類で、それぞれ晒し(漂白)の状態で色あいが違うものです。もともとクラフト紙は少しごわごわした感じの茶色の紙です。強度が高く、丈夫なため保存袋などにも使われることが多いのですが、一般的な手紙などを入れるために使うのには印刷も映えないですし少し無骨な印象があるので、漂白を施します。この漂白を晒しと言い、完全に漂白したものを晒しクラフトとなります。晒しクラフトは完全に漂白されているので色は当然白いです。

逆にまったく漂白をしない状態の元のクラフト紙のことは、未晒クラフトといいます。そして、おそらくみなさんがもっともよく使われているのが、半晒クラフトというもともと茶色の紙を半分だけ漂白した状態の封筒です。少し薄い茶色になっているので印刷もしやすく強度もあり使いやすいのが特徴です。

クラフト封筒は強度があり中身が透けにくいため非常に人気が高い封筒なのですが、色のバリエーションが濃い茶色、薄い茶色、白色しかないのが残念ではないですか?

実はあまり知られていませんが、クラフト封筒にもカラー展開があるんです!

クラフト紙 = 茶色 って思ってた方はぜひカラークラフト封筒をお試しください。カラフルで色合いで、かつ丈夫で中身が透けにく封筒を作ることができますよ!

カラークラフト紙での封筒作成についてはぜひ封筒屋どっとこむにご相談ください!

 

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

年末年始にめでたい金色封筒

新年のお便りというとやはり年賀状ですが、ハガキではなく封書で新年の挨拶をお送りする事もありますよね。
また年末に一年の締めくくりとして、お客様などにお便りを送るという事もあるでしょう。
そんな年末年始にぴったりなのが、おめでたい印象の金色封筒です。
金色の封筒は一部に金色が使われているというわけではなく、封筒そのものが金色をしています。
これらの紙は煌びやかでおめでたい印象ですので、年末年始のおめでたい雰囲気にぴったりですよ。
封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、様々な大きさや形、素材、加工などのオリジナル封筒をオーダーメイドでお作りしております。
年末年始にはおめでたい印象の金色封筒を使いたいという場合には、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。

金色封筒は「金色の紙」を使ってオーダーで作る事になりますが、同じ金色の紙でも、紙の種類によってかなり印象が異なります。
光沢の強いつやつやした金色もあれば、すりガラスのように輝きが控えめの金色もあります。
こんな雰囲気の金色封筒にしたいというご希望をお伝えいただければ、イメージに合った紙をおすすめいたしますので、お気軽にお申し付けください。

gold

また封筒そのものが金色の封筒以外にも、文字やイラストに金色の箔押しなどにする事でも、おめでたい印象の封筒を作る事ができます。
こちらは上記の金色封筒と比べると控えめな印象になりますので、用途などによって使い分けるのもよいかもしれませんね。

年末年始用の封筒をはじめ、オリジナル封筒がご入用の際は、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せいただけましたら幸いです。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

メタリックな銀色封筒

ダイレクトメールは「とにかく目立たせたい!」と思われる方も多いのではないでしょうか。
お客様にダイレクトメールの中身を見てもらうためには、やはり封筒そのものを目立たせるなどして、興味を持ってもらう事が重要ですからね。
目立つ封筒といっても色々なものが考えられますが、メタリックな銀色封筒というのはいかがでしょうか。
メタリックな銀色封筒は銀色の紙を使って作りますので、全体が銀色に輝く封筒になります。
銀色の封筒を目にする機会は少ないですし、銀色の封筒が手元に届いたとしたら、思わず手に取ってまじまじと見てしまうと思いませんか?
文字やイラストなどの印刷部分のデザインも工夫すれば、封筒の銀色をさらに際立たせる事もできるでしょう。
また紙にも色々な種類があり、銀色のカラーバリエーションがあるものも少なくありません。
紙の種類によって銀色にも違いがあり、かなり光沢の強いものもあれば、いぶし銀のような印象のものございます。
同じ銀色の封筒でも紙を変えるだけで全く違った印象の封筒になりますので、銀色封筒を作りになる際は、イメージに合った紙をお探しになると良いですね。

2016-11-04-17-45-16-1

封筒屋どっとこむでは既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなど様々な形でオリジナル封筒をお作りしております。
コストを抑えたい場合には既製の封筒への印刷が、大きさや形、素材、加工など全てお好みの仕様の封筒を作りたいという場合にはオーダーメイドが向いています。
メタリックな銀色封筒をはじめとしたオリジナル封筒がご入用でしたら、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

レモン色の封筒カラー

封筒屋どっとこむではそれぞれの用途や内容物に適した大きさや形、素材、加工などのオリジナル封筒をオーダーメイドでお作りしております。
また既製の封筒への印刷という形でもオリジナル封筒の作成が可能です。
細部にまでこだわってお好みの仕様の封筒を作りたい場合にはオーダーメイドが向いていますが、既製の封筒への印刷ですとコストを抑えてオリジナル封筒を作る事ができます。
ただ既製の封筒への印刷となると、オーダーメイドと比べて自由度は低くなってしまいます。
しかし封筒屋どっとこむではお客様のイメージに近い封筒をお使い頂けるよう、多種多様な仕様の既製の封筒をご用意しております。
長形や角形、洋型の各種サイズをご用意している他、封筒のカラーも茶色や白といったよく目にするものはもちろん、ピンクやブルー、グリーンなどのパステルカラーもございます。
例えばさわやかな印象にしたいという時にはレモン色の封筒カラーなどはいかがでしょうか。
レモン色のカラーの封筒でも、内容物が透けにくいように加工されたものや、郵便番号の枠があらかじめ印刷されたものなど、いくつか種類がございます。
レモン色の封筒カラーをはじめ、既製の封筒への印刷でもお客様のお好みのオリジナル封筒をお作りいただけますので、まずはお気軽に封筒屋どっとこむにご相談ください。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

ファーストヴィンテージの紙色

色々な用紙の中でも、素朴な味わいのあるクラフト紙を好む方は少なくありません。
オリジナル封筒を作成する際にもクラフト紙はよく使われていますが、クラフト紙がお好きな方には紙色も豊富なファーストヴィンテージもおすすめです。

ファーストヴィンテージの紙色

ファーストヴィンテージとは広葉樹の晒パルプと針葉樹の未晒パルプを使って作られたファンシーペーパーです。
「ヴィンテージ」という単語が名前に入っている通り、使い込まれた年代ものの様な印象の紙で、クラフト紙と同じような素朴さを持っています。

ファーストヴィンテージは紙色も豊富で、ベージュやリネン、アッシュなどといった落ち着いた色合いの他、スカーレットやターコイズ、アップルグリーンなどのような明るめのカラーも揃っています。
また紙の厚さも薄いものから厚いものまでありますので、封筒以外にも紙袋などの作成が可能です。
ファーストヴィンテージで封筒や紙袋を作成する場合は、シンプルなデザインにした方が紙の持つ独特の風合いや紙色を活かすことができます。

封筒屋どっとこむでは、お客様のご要望に合わせて多種多様な大きさや形、素材、加工などのオリジナル封筒をオーダーメイドでお作りしています。

「こんな雰囲気の紙を使って封筒を作りたい」「この紙と似たイメージの紙があれば知りたい」など、オリジナル封筒の作成に関する疑問やお悩みがありましたら、お気軽に封筒屋どっとこむにご相談ください。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

コート紙よりも光沢がある封筒

一般的な印刷物で使用されることが多い紙と言えば、その一つが「コート紙」です。
コート紙は表面に光沢があるつるつるとした手触りの紙で、印刷の発色の良さが特徴であることから特にフルカラーの印刷物に向いています。一般的な光沢のない紙でも、PP加工を施すなどすれば表面に光沢が出てつるつるとした質感になりますが、コート紙を使えばその手間は必要ありません。

封筒を作る際にもコート紙はよく使われています。
実は、そんなコート紙よりもさらに光沢がある紙があります。

それがミラーコートに代表される「キャストコート紙」です。
ミラーコートという名称は王子製紙の商標ですが、キャストコートを指してミラーコートと言っても伝わるほど名称としては定着しています。

コート紙には表面にコート剤が塗布されていますが、キャストコート紙にも同じように塗料が塗布されています。
ただしキャストコート紙の場合、塗料塗布後その塗料が乾く前に平滑なドラムを押し当てながら熱を加えます。

これによりコート紙よりもさらに強い光沢がある紙になるのです。
コート紙よりも強い光沢があることで高級感も増しますし、インパクトもありますから、ダイレクトメールを送る封筒にもおすすめですね。
ただ通常の印刷には向いていないため、印刷をする場合はUV印刷での印刷となります。

コート紙よりも光沢のある封筒01コート紙よりも光沢のある封筒02

封筒屋どっとこむでは、コート紙やキャストコート紙のような表面に光沢のある紙はもちろん、多種多様な特徴を持った紙を数多くご用意しております。オリジナル封筒作りの際にそれぞれの用途や内容物に適した素材をお使い頂けるとともに、大きさや形も自由自在、また色々な加工を施すことも可能です。
オリジナル封筒作りの際には、ぜひ封筒専門店封筒屋どっとこむをご利用下さい。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

黒い封筒のための、金・銀・白インクのサンプル(無料)

お客様にダイレクトメールや商品を発送する際に、企業やお店が独自で用意したオリジナル封筒を使用するという事は珍しい事ではありません。
様々な封筒の作成を請け負っております封筒屋どっとこむにおきましても、多種多様な大きさや形、加工、素材などのオリジナル封筒のご注文を数多く頂いております。

やはりオリジナル封筒となるとその企業やお店の顔となるわけですから、どんな封筒にするかでお客様が受ける印象も180度変わると言っても過言ではないでしょう。
しかしこだわりを持って作った封筒であっても、使用する用紙やインクの組み合わせなどによってはイメージ通りにいかない事もあります。

金・銀・白インクのサンプル02金・銀・白インクのサンプル01

たとえば黒い紙で封筒を作る場合、文字やイラストなどを印刷しても封筒の色が強いためにインクの色が出にくく、イメージしていたものとは異なる仕上がりになってしまう事があります。
そのようなイメージと実物とのギャップを埋めるべく、今回は黒い紙への金・銀・白インクのサンプルをご用意致しました。
黒い紙の場合、白や金、銀といった色のインクがよく使われることから、実際に黒い紙にこれらの色のインクを使って印刷をしてみましたので、黒い紙で封筒を作りたいとお考えになっていらっしゃる方は、ぜひこちらの金・銀・白インクのサンプルをお役立てください。

また今回ご用意しましたのは金・銀・白インクのサンプルですが、黒などの濃い色の封筒にはっきりと文字などを入れたいと言うような場合には、箔押し加工という方法もございます。
箔押し加工であればインクによる印刷よりも鮮明に文字を入れることが可能ですので、選択肢の一つとしてお考えになってみてはいかがでしょうか。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

インパクトのあるピンク色の封筒デザイン

皆様はピンク色といえば、どのような色を思い浮かべますか?
ふんわりとした柔らかな印象のパステルピンクもあれば、ショッキングピンクの様なインパクトのあるピンク色もありますし、それぞれから受ける印象は全く異なります。
このように同じ色でも与える印象は180度異なる事も十分にあり得ますので、どのような場面や目的で使うかによって使い分けるようにしたいですね。

これはオリジナル封筒作成の際にも同様です。
たとえば同じピンク色の封筒であっても、医療関係の資料を発送するためにおつかいになるのでしたら、柔らかなイメージの淡いピンクのカラー封筒が合っていますよね。

またとにかく目立ちたいという時には、はっきりとしたピンク色の方が良いでしょう。
そこに黒や紺などをあわせるとよりインパクトのあるピンク色の封筒デザインになります。
同じピンク色の封筒デザインを考える場合でも、色の濃淡や組み合わせ、デザインなどが異なればそれだけで印象は全く異なってきますから、インパクトのあるデザインにするにはその辺りを工夫するのがおすすめです。

インパクトのあるピンク色の封筒デザインをはじめ、オリジナル封筒を作りたいという時にはぜひ封筒専門店封筒屋どっとこむまでお気軽にご相談ください。
カラーやデザインはもちろん、大きさや形、素材、加工などもオーダーメイドでお作りしております。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

アストロブライトとは

お客様にダイレクトメールをお送りする際など、できるだけ目立つ封筒を使う事によってお客様の目に留まりやすくなりますので、手に取ってもらいやすくなることはもちろん、開封率も上がります。
そのような目立つ封筒にするためにはデザインを工夫するということもそうですが、使用する紙自体を目立つものにするという事も有効です。蛍光色の蛍光紙を使用するという事も効果的だと言えるでしょう。

ただ一般的な蛍光紙のような光沢をもつ紙の場合、通常のインクでは印刷が難しく、特殊なインクを使用しなければならないものもあります。
そのためオフセット印刷が難しいという難点があるのですが、その難点を克服したのがアストロブライトという蛍光紙です。

アストロブライト蛍光紙

アストロブライトとは鮮やかなキャンディカラーの蛍光色と、つるつるとした滑らかな感触が特徴的な蛍光紙の事で、蛍光紙でありながらオフセット印刷が可能となっています。
レモンやオレンジ、グリーン、コーラルレッド、ストロングピンク、ライトピンクなどのカラーがあり、厚物と薄物の2連量が用意されていますので、封筒をはじめ様々な場面でご利用頂けるのではないでしょうか。

とにかく目立つ封筒を作りたい。
そんな方はアストロブライトをぜひご利用になってみてはいかがでしょうか。
様々な大きさや形、加工などのオリジナル封筒をお作りしている封筒専門店封筒屋どっとこむでは様々な用紙をご用意しております。
目立つ封筒のために目立つ用紙をお探しの際にはお気軽に御相談頂ければ幸いです。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

ホーム > 紙全般 > 封筒のカラー

検索
フィード
メタ情報

Return to page top