Home > 紙全般 > 特殊な紙

特殊な紙 Archive

長期保存資料が劣化する原因と、保存保護用紙「AFプロテクトH」について

AFプロテクトHの紙見本

「昔の資料が変色や虫食いによって判読が出来なくなってしまった」
「劣化してしまった資料をせめて現状維持させたい」という経験はありませんか?

貴重な資料は半永久的に良好な状態を保ちたいですよね。

例えば、少部数だけ限定出版した社史、創立当初の頃の社内誌、広報誌、有名人のサイン色紙、写真・フィルム、地図、古書、直筆原稿などなど。

このような貴重で大切な資料は、丁寧に保管しているつもりでも、いつの間にか傷んでしまっていることがあります。

そこで、この記事では紙の資料が傷む理由と、紙の資料を保管する上で最適な紙(袋・封筒に使う紙)をご紹介いたします。

保管している紙の資料が傷む原因

紙の資料が傷む原因というのは色々ありますが、資料が劣化・損傷すると、最悪の場合資料が判読不能になってしまい、必要な時に使えなくなってしまいます。

紙の資料が劣化したり損傷する原因としては以下のようなものがあります。

資料が酸化しやすい紙でできている(内的要因)

19世紀半ばから近代製紙技術により大量生産されていた洋紙は、インキのにじみ止めにロジン(松やに)が使われ、そのロジンを定着させるために硫酸アルミニウムが使われていました。

硫酸には脱水作用があり、紙が固く脆くなる原因となります。
つまり、紙に含まれる硫酸アルミニウムが原因で、紙が酸化してしまうのです。
なお、硫酸アルミニウム等を用いて製造した紙を酸性紙と呼びます。

このような昔の紙以外にも、現在の日本においても新聞紙や包装紙など、中性紙化が進んでいない紙もあります。

保存したい資料の紙が酸性紙だと、どうしても酸化による紙の劣化が起こりやすいということです。

紫外線や湿度などの外的要因

酸性紙という内的要因に加え、以下のような外的要因も紙資料の劣化の原因となります。

1.光・紫外線による影響

資料が劣化する原因-光・紫外線

太陽光や蛍光灯の光の中に含まれる紫外線は、紙の劣化を進めて脆くするとともに、印刷された文字や図を退色させてしまいます。

紫外線の影響を避けるには、日光はもちろんのこと、蛍光灯の光も当たらないように保管するのがベストです。

2.温湿度の変化

資料が劣化する原因-温度・湿度

温度や湿度が原因でカビが発生した場合は、紙にシミや変色を引き起こす原因になります。

また、空気が極端に乾燥した状態で資料を保管していると、紙に含まれる水分が失われることも。

紙が湿気を含んだり乾燥したりを繰り返すことも資料が傷む要因になります。
そのような現象の繰り返しが続くと紙に含まれる水分が失われ、紙のしなやかさが無くなり、紙がボロボロに劣化してしまうことにつながります。

3.虫による虫食い(穴あき)や汚れ

資料が劣化する原因-虫食い

前述の「2.温湿度の変化」でお伝えしたように湿気などによって資料にカビが発生した場合、そのカビに虫が集まって、虫食いによる穴あきや虫の死骸によるシミが起こることもあります。

虫食い、そしてその原因となるカビを防ぐには、保管場所の湿度を管理する、通気性をよくするといった対策が必要です。

【参考】紙の資料の保管場所の湿度の目安としては、湿度65%を超えないようにすると良いようです。

「恒常的に湿度が65%を超えるようになるとカビが発生する確率が高まると言われているので、湿度65%を1つの目安として考えることができます。」
(引用:国立国会図書館 温湿度管理

4.天災・人災による物理的な損傷

資料が劣化する原因-天災・人災

地震や水害などの震災、火災などの人災で資料が損傷することもあります。
また災害や人災だけではなく、誤って資料を落としてしまったり、破ったりしてしまうこともあり得ます。

地震などの災害は防ぐことができませんが、紙の資料が傷む原因をできるだけ排除して保存するのが大切です。

そこで次は、紫外線や湿度、虫食いといった資料が劣化する外的要因から中身を守ってくれる紙・封筒をご紹介します。

資料の保護に最適な保存保護用紙「AFプロテクトH」

AFプロテクトHの紙見本

できるだけ手軽に紙の資料を保管できて、劣化も防ぎたいという方にオススメなのが、保存保護用紙で作った封筒を使用するというものです。

保存保護用紙として封筒屋どっとこむがオススメするのは「AFプロテクトH」です。

AFプロテクトHは、資料保管に最適な良質化学パルプと厳選した薬品を使用しています。
変色の原因となる「リグニン」や酸性物質を含まない中性紙です。

この「AFプロテクトH」は、光・紫外線や温湿度の変化、ホコリなどから資料を守る為の封筒や保存袋に最適です。
大量の資料・書物を保管している国立国会図書館の保存封筒にも採用されています。
それくらい保存保護用紙として信頼性の高い紙と言えます。

さらに封筒の“糊しろ”が外に出る貼り方にすると資料を傷つける心配もありません。
厚みのある資料を入れるのであれば、フタを大きめに作成するのもおすすめです。
AFプロテクトHで作った封筒
AFプロテクトHで作成した封筒

外貼り加工(AFプロテクトH)
外貼り加工の例(AFプロテクトH) ↑クリックで拡大画像が開きます

また、マチ付きの封筒を作成すれば、大型の資料、まとまった量の資料、厚みのある書籍などの保管も可能です。

まとめ

今回は、紙の資料が劣化する原因と、その対策として保存保護用紙「AFプロテクトH」の紹介をさせて頂きました。

紙の資料が劣化する原因は紙に使用されている化学物質による酸化現象(内的要因)と、光や紫外線、温湿度の変化などの外的要因があります。

このような紙の劣化要因から資料を守るなら、保存保護用紙の「AFプロテクトH」で保存用封筒を作り、保管するのがオススメです。

ぜひご参考になさって下さい。

関連リンク

封筒の紙 オススメ一覧
マチ付き封筒・保存袋の加工印刷を承ります

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

個人情報保護に最適‐透けない封筒

透けにくい封筒のサンプル

契約書や請求書、給与明細など、個人情報を記載した書類を封筒に入れて発送する場合には、中身が透けないよう配慮しなければなりません。
個人情報を記した重要書類を送る機会が多いのであれば、普段から使用する事務用封筒を「透かしても見えない封筒」にしておくと安心ですね。
透かしても見えない封筒と言っても選択肢はいくつかあり、まずは封筒の色を透けにくい色にするという方法がございます。
グレーなどのやや濃い色合いの封筒ですと、光にかざしても中の書類の文字が透けにくくなります。
ただこの方法ではあくまでも「透けにくい封筒」であり、可能性は低いながらも透けてしまう心配がございます。
ではより安心な「透かしても見えない封筒」とはどんなものかというと、地紋入りの封筒がそうですね。
地紋入りの封筒は封筒の内側全体に文字や模様などが印刷されており、この地紋によって中身が透けないようになるのです。

封筒屋どっとこむでは用途や内容物に合わせ、様々な大きさや形、素材、加工などのオリジナル封筒をオーダーメイドでお作りしております。
またオーダーメイドだけでなく、セミオーダーや既製の封筒への印刷によるオリジナル封筒の作成も承っております。
個人情報保護に配慮した、透かしても見えない封筒ももちろん作成可能です。
封筒がご入用の際は、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用いただけましたら幸いです。

【関連リンク】
透けない紙を使った封筒屋どっとこむでのお客様作品事例

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

水に強い撥水封筒

紙というと一般的には水に弱いというイメージがあります。
そのため紙でできた封筒も雨などの水濡れには弱く、水濡れ厳禁であると思われる方も多いでしょう。
しかし紙でできた封筒であっても、水に強い撥水封筒というものがございます。
紙には多くの種類があり、中には撥水効果を持つ水に強いものもございますので、それを使って封筒を作れば、水に強い撥水封筒を作る事ができます。
また耐水性の低い一般的な紙であっても、様々な加工を施す事で、耐水性や撥水性を得る事が可能です。
撥水封筒は水に強いという特性を持ちつつも紙でできていますので、一般的な紙製の封筒と同じように印刷ができます。
また紙ですのでリサイクルもできるという点もメリットの一つです。
水濡れの心配がある場合にはフィルム封筒などの紙製でない封筒を使用するケースも多いと思いますが、水に強い撥水封筒という選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむではそれぞれの用途や内容物に適した、多種多様な大きさや形、素材、加工などのオリジナル封筒をオーダーメイドでお作りしております。
またご自由な仕様の封筒が作れるオーダーメイド以外にも、既製の封筒への印刷やセミオーダーでの封筒作成も承っております。
封筒がご入用でしたら、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

印字面だけが透明化する紙、パチカ

社会人の皆様は名刺を扱う機会も多いと思いますが、名刺にも個性がありますよね。
ごく普通の白い紙に氏名などを黒字で印刷してあるだけのシンプルなものもあれば、奇抜なデザインの名刺や紙にこだわった名刺などもあります。
特殊紙を使用した名刺も少なくありませんが、名刺によく使われている特殊紙のひとつが印字面だけが透明化する「パチカ」という紙です。

パチカは自然な白さのふんわりとした柔らかな印象をしています。
素材は、木材パルプと合成パルプが使って作られています。熱を加える事により印字面だけが透明化する特殊紙ですので、ホットスタンプ加工を施すと加工部分が半透明になるという特徴があります。

また凹みもできますので透明感と立体感のある仕上がりとなります。
パチカを使った名刺は、個性的な名刺を作りたいという方にピッタリの紙です。
さらに、印字面だけが透明化する紙にはパチカの他にもOKフロートがあります。

オリジナル封筒でも特殊紙を使う事で、個性的な封筒を作ることができます。
パチカなどを使って部分的に透明にする方法や、加工によっても部分的に半透明にする事ができます。またグラシン紙を使えば全体が半透明の封筒を作ることも可能です。

封筒屋どっとこむでは様々な素材や加工法をご用意しており、また大きさや形もお客様のお好みの封筒をお作りする事ができます。
オリジナル封筒をお作りになる際には、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

モコモコが、特徴的な紙 ヴィベールP

普段の生活の中では意識して紙を見る事は少ないかもしれません。
しかし、紙には本当に沢山の種類があり、それぞれが異なる特徴を持っています。
中には一般的な「紙」というイメージからは想像できないようなものもありますし、注意してみると実に奥深く面白いものです。

例えば、モコモコが特徴的な紙「ヴィベールP」などもその一例ではないでしょうか。

ヴィベールPは表面がベルベットのようなモコモコとした特徴的な表面の紙です。
モコモコとした表面はカーペットや絨毯のようでもあります。特徴的な質感を持つ紙、ヴィベールPはカードやハガキ、ブックカバーなどに使われる他、緩衝材などにも使われています。
また安全で色落ちの心配のない色素が使われており、食品衛生規格基準にも合格していることから、食品のパッケージなどにも用いられています。

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷はもちろん、用途や内容物に合わせた様々な大きさや形、素材、加工などのオリジナル封筒をオーダーメイドで作成しています。
紙も多種多様なものをご用意しておりますので、「このような特徴の紙を使いたい」「独特の手触りの紙を使いたい」などのご要望がありましたらお気軽にお申し付けください。
またオリジナル封筒の作成に関するお悩みなども、お気軽に封筒屋どっとこむまでご相談ください。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

非木材を使用した封筒

紙が木から作られているのは多くの方がご存知でしょう。
ただし、紙には沢山の種類があります。中には木以外のものから作られている紙もあるのです。
実は封筒を作る際にも非木材を使用した紙が使われていますが、その材料としてはケナフやバガス、シリアル繊維の他、竹も紙の材料となっています。

非木材を使用した封筒

竹は繁殖力が強いため、きちんと手入れをしないままにしておくとどんどん周囲の森や林を侵食していきます。その結果、地滑りが起きるなど、大きな被害がでる可能性がありますので、全国各地で竹林の整備の必要性が叫ばれています。

そのため竹から竹パルプを作って紙にする事は木の使用を減らすだけでなく、竹林を整備して森林を守ることにも繋がるのです。
自然に配慮した紙というと再生紙などもあり、封筒にもよく使われていますが、竹をはじめとした非木材を使用した封筒も、選択肢の一つとして加えてみてはいかがでしょうか?

封筒専門店封筒屋どっとこむでは内容物や用途に合わせた様々な大きさや形、素材、加工などのオリジナル封筒の作成をオーダーメイドで承っております。

非木材を使用した封筒ももちろんお作り頂けますので、ご興味がありましたらお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

生分解性フィルムを使用した窓付封筒

エコ活動に対する意識が高まっている昨今。
日常生活の中でリサイクルなど、様々なエコ活動を心がける方が増えてきています。
企業に対してもそうした環境への配慮を求めていらっしゃる方も多いでしょう。
企業としてできるエコ活動にも多種多様なものがありますが、普段お客様へのダイレクトメールなどを送る際の封筒を、環境に配慮したものにするというのも一つの方法ですね。

環境問題に配慮した封筒というとまず思い浮かべるのは再生紙を使った封筒があります。
ただし、再生紙を使っていても窓付封筒にした場合気になるのが窓の部分に使う透明フィルムではないでしょうか。
窓付封筒を使う機会は多いと思いますが、リサイクルする場合にはこのフィルムの部分をいちいち取り外さなければなりません。

では環境問題に配慮した窓付封筒はないのかというと、その一つに生分解性フィルムを使用した窓付封筒ですね。

生分解性フィルムを使用した窓付封筒とは具体的にどのようなものなのかというと、窓部分に植物を元に作ったフィルムを使用した窓付き封筒です。
従来の窓付封筒では窓の部分に石油から作った透明フィルムを使う事がほとんどですが、生分解性フィルムを使用した窓付封筒の場合は植物資源で作られているため、土や水の中で暮らす微生物による分解が可能となっています。
分解後は二酸化炭素や水に分解されますので、環境に悪影響を及ぼす心配もありません。

生分解性フィルムを使用した窓付封筒をはじめ、エコ素材の封筒を使う事で環境に配慮した企業であるとお客様にアピールする事もできますので、社用封筒を作成される際に取り入れてみてはいかがでしょうか?
その際はぜひ封筒専門店封筒屋どっとこむをご利用頂ければ幸いです。
封筒屋どっとこむではエコ素材の封筒はもちろん、大きさや形、素材、加工など、お客様のご要望に合わせた多種多様なオリジナル封筒をオーダーメイドでお作りしておりますので、必ずやお客様のお力となれるでしょう。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

植林木、非木材紙とは

普段生活を送っている中で紙を目にしない日はほとんどありませんよね。
日常生活の中ではあちこちで紙が使われています。
紙の多くは木材から作られた木材パルプからできていますが、新しい木材パルプを使うばかりでは森林が減っていく一方です。ですから森林保護のためにも様々な取り組みが行われています。

たとえば紙をリサイクルして作られた古紙パルプを利用した「再生紙」などがその一つです。
再生紙に比べるとまだあまり知名度は高くないかもしれませんが、植林木や非木材紙といったものも森林保護に繋がっています。

植林木とは、まず土地を8~10区画に分け、1年ごとに1区画ずつ、比較的早く成長する広葉樹の苗を植えていきます。
全区画に苗を植え終わる頃には、最初に植えた区画の苗が紙の原料にできる程度に成長していますので、その区画の木を木材として伐採し新たに苗を植えます。
次の年にはその次の区画から木材を伐採して苗を植え、その次の年には次の区画と繰り返す事で、効率よくまた安定して木材を得ることが可能になるというのが植林木なのです。

次に非木材紙ですが、一般的な木材パルプを除く様々な植物を原料として作られる紙のことで、原料となる植物によってそれぞれ独特な風合いの用紙が出来上がるのが特徴です。
非木材紙に使われる事が多いのはケナフやレイクパピルス、バガス(サトウキビ)、竹、コットンリンター、稲ワラ・麦ワラなどがあります。
楮(こうぞ)や三椏(みつまた)、雁皮(がんぴ)から作られる和紙も非木材紙の一つです。

個人や企業などで環境問題への取り組みが増えているからこそ、社用封筒などをお作りになる際に植林木や非木材紙を利用することも、その一環となるのではないでしょうか?
様々な大きさや形、素材、加工のオリジナル封筒をオーダーメイドでお作りしている封筒専門店封筒屋どっとこむでも、環境問題に配慮した各種封筒をご用意しておりますので、封筒作成の際にはぜひお気軽にご相談ください。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

ストーンペーパーについて

エコな紙というと多くの方が再生紙をイメージするのではないかと思います。
実はエコな紙は再生紙だけではありません。たとえば「ストーンペーパー」という紙もエコな紙のひとつです。

紙と言うものは本来木材チップなどから作られますが、ストーンペーパーはなんと石から出来ているのです。石と言っても、無機鉱物粉末を石から抽出し、その粉末から作られています。
ですからストーンペーパーは紙であっても原料に一切木を使っておらず、森林伐採をせずに済みますから、森林保護に繋がるエコな紙と言えるのです。

また一般的な紙とは違い、ストーンペーパーを作る際には水を使いませんので、排水が出ません。これはすなわち水を汚さずに済む、ということになりますのでエコな紙と言えますよね。

そしてストーンペーパー自体の性質に関して、一般的な紙との違いはどんなところにあるのかというと点もご紹介します。
破れたり裂けたりしにくいという高い耐久性がある点や、耐水性が高く水回りや水中でも使用できるという点、高級感のあるしっとりとした質感、どっしりとした重厚感、保温・保冷効果、滑らかな書き心地などといった点が挙げられます。

封筒を作る際にもストーンペーパーをはじめとしたエコな紙を使う事で、環境に配慮する事ができます。
封筒専門店封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせた数々のオリジナル封筒をオーダーメイドでお作りしておりますので、オリジナル封筒が御入用の際には、是非お気軽に御相談頂ければ幸いです。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

アストロブライトとは

お客様にダイレクトメールをお送りする際など、できるだけ目立つ封筒を使う事によってお客様の目に留まりやすくなりますので、手に取ってもらいやすくなることはもちろん、開封率も上がります。
そのような目立つ封筒にするためにはデザインを工夫するということもそうですが、使用する紙自体を目立つものにするという事も有効です。蛍光色の蛍光紙を使用するという事も効果的だと言えるでしょう。

ただ一般的な蛍光紙のような光沢をもつ紙の場合、通常のインクでは印刷が難しく、特殊なインクを使用しなければならないものもあります。
そのためオフセット印刷が難しいという難点があるのですが、その難点を克服したのがアストロブライトという蛍光紙です。

アストロブライト蛍光紙

アストロブライトとは鮮やかなキャンディカラーの蛍光色と、つるつるとした滑らかな感触が特徴的な蛍光紙の事で、蛍光紙でありながらオフセット印刷が可能となっています。
レモンやオレンジ、グリーン、コーラルレッド、ストロングピンク、ライトピンクなどのカラーがあり、厚物と薄物の2連量が用意されていますので、封筒をはじめ様々な場面でご利用頂けるのではないでしょうか。

とにかく目立つ封筒を作りたい。
そんな方はアストロブライトをぜひご利用になってみてはいかがでしょうか。
様々な大きさや形、加工などのオリジナル封筒をお作りしている封筒専門店封筒屋どっとこむでは様々な用紙をご用意しております。
目立つ封筒のために目立つ用紙をお探しの際にはお気軽に御相談頂ければ幸いです。

封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741

ホーム > 紙全般 > 特殊な紙

検索
フィード
メタ情報

Return to page top