Home

封筒印刷よもやま話

もらって嬉しい手に取りたくなるような封筒とは?

封筒は多くの場合、手紙や書類を入れるために使われます。
つまり手紙や書類を入れられればそれで十分なのが封筒、という事になりますが、それでは少し味気ないですよね。
何か特別な場面ではそれに相応しい特別感のある封筒を使いたいですし、封筒を受け取る方がもらって嬉しい、思わず手に取りたくなるような、そんな封筒を使いたいものです。

もらって嬉しい手に取りたくなるような封筒と言っても、色々な物がございますが、質感にこだわるというのも一つの方法ではないでしょうか。
封筒の素材として多いのは紙ですが、紙の種類は多種多様です。
手触りだけでもつるつるとしたものやざらさらしたもの、ぼこぼこしたものなど様々です。
中にはまるで羊の毛のようにもこもこした紙もありますし、紙にこだわる事で、思わず手に取りたくなるような封筒を作る事が出来るでしょう。
他にもデザインを工夫したりするなど、もらって嬉しい手に取りたくなるような封筒は色々な形で作る事が出来ます。
皆様もぜひ、もらって嬉しくなるような、自分だけの特別な封筒を作ってみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷ですとコストを抑えてオリジナル封筒を作成出来ますし、オーダーメイドなら既製の封筒にはない大きさや形、素材、加工など、お好みの仕様のオリジナル封筒の作成が可能です。
また紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っております。
ご入用のものがございましたら、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

マットな質感が出るマットコート紙を使った封筒

紙には色々な種類がありますが、その中には印刷を前提として作られているものも数多くございます。
美しく印刷出来るように加工が施された紙をコート紙と呼び、コート紙は艶のある仕上がりになるグロスコート紙と、マットな仕上がりになるマットコート紙とに分けられます。
今回は後者の、マットな質感が出るマットコート紙についてお話しましょう。

マットコート紙への印刷では、しっとりとしたマットな質感を出せるのが特徴です。
マットコート紙を使った封筒も、艶の抑えられた落ち着きある仕上がりになりますね。
もちろん印刷を前提として作られた紙ですので、控えめな質感ながらも美しく発色します。ただグロスコート紙への印刷に比べると、色味は若干沈んで感じられるかもしれません。
しかし艶のない分、マットコート紙の方が目に優しいと言えます。
文字が多いなど長時間紙面をご覧になるような印刷物の場合には、マットコート紙の方が向いていますね。
鮮やかさや華やかさを求める場合にはグロスコート紙、落ち着いた印象にしたい場合には
マットコート紙を使うと良いでしょう。

封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、様々なオリジナル封筒を作成しております。
既製の封筒への印刷やセミオーダーに加え、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒をオーダーメイドで作成する事も可能です。
マットな質感が出るマットコート紙をはじめ、オリジナル封筒にお使いいただける紙も、多種多様なものをご用意しております。
また紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っております。
ご入用のものがございましたら、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

シリーズで集めたくなるような地方銀行用の封筒

世の中には色々なご当地ものがありますよね。
食べ物や民芸品、キャラクターなどはもちろんですが、地方銀行の封筒も「ご当地もの」の一つと言えるのではないでしょうか。
地方銀行は都市銀行に比べ、それぞれの地域の特色が表れていたり、マスコットキャラクターもその地域らしさが感じられるものを起用していたりしますよね。
そうなるとATMに備え付けてある封筒や、銀行からのお知らせを郵送するのに使う封筒なども、その銀行らしいデザインの封筒が使われています。
地方銀行用の封筒をシリーズで集めたくなるなんて方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんなシリーズで集めたくなるような地方銀行用の封筒を、封筒屋どっとこむで作ってみませんか?
封筒屋どっとこむでは既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、それぞれの用途や内容物に適したオリジナル封筒をお作りしております。
シリーズで集めたくなるような地方銀行用の封筒の場合、デザインはもちろんですが、お札を入れるための封筒ですとお札が入る丁度良いサイズにしたいですね。
また重要書類などを発送する際には、書類を折らずに入れられるサイズの封筒が必要です。
利便性を考えて窓付き封筒なども用意しておくと、作業が楽になるでしょう。
封筒屋どっとこむなら、これらの封筒を揃いのデザインでまとめてご注文いただく事も可能です。
さらに封筒だけでなく、紙袋やパッケージ袋などといったものもお作りしております。
粗品用の紙袋なども封筒と同じデザインのものを作る事が出来ますよ。
思わず集めたくなるような、そんな素敵なデザインの封筒を、ぜひ封筒屋どっとこむで作ってみてください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

BLACKだからこそロゴが際立つ黒い封筒

社名やロゴなどが目立つデザインの封筒にしたい。
そんな時には黒い封筒はいかがでしょうか。
黒い封筒というのは目にする機会も少なく、他の封筒との差別化が図れますし、BLACKだからこそロゴの際立つ封筒に仕上がりますよ。

黒い封筒の場合、通常のインキを使った印刷ですと、インキが紙の黒の影響を受け、印刷部分が見え辛くなってしまいます。
そのため封筒がBLACKの場合には、金や銀、白などの特色インキ、もしくは箔押しでの印刷となります。
特色インキでの印刷でも、ロゴが際立つ黒い封筒になりますし、箔押しの場合はロゴがよりはっきりとし、また高級感も加わります。
ロゴも封筒そのものも、印象的な封筒を作りたい時にBLACKはぴったりなのです。

封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で様々なオリジナル封筒をお作りしております。
ロゴが際立つ黒い封筒も、洋0、洋2、長3、角2、角6などの既製の封筒をご用意しておりますし、大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒をオーダーメイドで作成する事も可能です。
またパッケージ袋や紙袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っております。
オリジナル封筒の作成をお考えでしたら、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

2種類の封筒窓「セロファン」と「グラシン」それぞれの特徴とは?

多くの方が窓付き封筒を実際にご覧になった事があると思いますが、窓付き封筒の窓部分に貼られている素材がどのようなものだったか、覚えておられるでしょうか。
封筒窓として使われる事が多いのは、「セロファン」と「グラシン」の2種類です。
今回は2種類の封筒窓「セロファン」と「グラシン」それぞれの特徴についてご紹介したいと思います。

2種類の封筒窓「セロファン」と「グラシン」のうち、目にする機会が多いのは「セロファン」ですね。
セロファンは透明のフィルムですので、中身がはっきりと見える点が特徴です。
それに対して「グラシン」はグラシン紙という透け感のある紙を貼ってあります。
セロファンに比べると透明度は低いものの、セロファンの様に窓部分をわざわざはがす事なく、封筒をそのまま紙としてリサイクル出来る点が特徴ですね。
またグラシン窓ならレーザープリントでの印刷も可能です。
「セロファン」と「グラシン」それぞれが違った特徴を持っていますので、窓付き封筒を作る際には用途などを踏まえてお好みの封筒窓をお選びください。

封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、多種多様なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形でご注文を承っており、窓付き封筒に関しましてももちろん作成可能です。
窓付き封筒は既製のものも各種ご用意しておりますし、オーダーメイドですと窓の位置やサイズ、数などをお好みでご指定いただけます。
またオーダーメイドなら大きさや形、素材、加工などといった封筒そのものの仕様も自由に決める事が出来ます。
紙袋やパッケージ袋などもお作りいたしますし、ご入用のものがございましたら、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

封筒にも情報を沢山載せられる全面印刷のメリット

封筒屋どっとこむではオリジナル封筒の作成を承っておりますが、オリジナル封筒作成の方法はいくつかございます。
まずは既製の封筒への印刷ですね。
既製品に文字などを印刷するだけですので、オリジナル封筒作成にかかるコストを抑える事が出来ます。
ただしサイズは既製品にあるものからお選びいただく事になりますし、印刷出来る範囲も限定されます。
「既製品にはない大きさや形にしたい」「封筒の全面に印刷したい」という時には、オーダーメイドやセミオーダーが良いですね。
オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事が出来ますし、封筒全面への印刷はオーダーメイド・セミオーダー共に可能です。

全面印刷のメリットは、封筒にも情報を沢山載せられるという点でしょう。
例えばキャンペーンの案内を送る際には、封入したチラシなどでお知らせをするのはもちろんですが、封筒にもキャンペーンに関する情報を沢山載せておけば、封筒を手に取ったその瞬間にキャンペーンの事を印象付けられます。
封筒いっぱいに情報を載せられる全面印刷なら、宣伝効果は抜群です。
また封筒全体を使って印象的なデザインを印刷する事が出来るという点も、全面印刷のメリットと言えるでしょう。

「封筒自体に沢山の情報を載せられるというメリットのある全面印刷で封筒を作りたい」という時にも、「コストを抑えて封筒を作りたい」という時にも、オリジナル封筒作成の際には、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

自然食品などにイメージぴったりなクラフト紙を使った封筒

オリジナル封筒を作るメリットは、それぞれの用途な内容物に適した仕様に出来る事に加え、お店や会社、商品などのイメージにぴったりな封筒を作る事が出来るという点です。
例えば上質さを重視した商品の案内なら、封筒も高級感があり上品なイメージのものを使いたいですよね。
また自然食品などでナチュラル感を大事にしたいと言う時には、クラフト紙を使った封筒がイメージにぴったりです。
クラフト紙は紙袋などによく使われている紙で、茶色のものを目にする事が多いですね。
丈夫な紙ですので実用性を求めて使われる事が多い半面、少しざらっとした手触りと素朴な風合いから、ナチュラルな印象の封筒にしたいという時にもよく使われますね。
そのためクラフト紙を使った封筒は、自然食品やオーガニックコスメ、花などの植物を扱うお店などのイメージぴったりなのです。
クラフト紙はどちらかというと地味な印象の紙ではありますが、思いの外しっかりとした存在感を持っています。
単色印刷やロゴのみの印刷などのシンプルなデザインでも、十分印象的な封筒になるでしょう。
ナチュラルなイメージの封筒を作りたいという時には、クラフト紙の封筒を選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒も多数ご用意しておりますが、大きさや形、素材、加工など、既製品にはないお好みの仕様のオリジナル封筒を作りたいという時には、オーダーメイドがおすすめですね。
また封筒だけでなく、紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋の作成も可能です。
自然食品などにイメージぴったりなクラフト紙を使った封筒をはじめ、封筒などがご入用でしたら、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

資料がすっきり収まる学習塾の封筒

例えば学習塾などでは、多くの資料を配るというような機会も多いと思います。
1枚の資料ならそのまま配っても特に問題はありませんが、何枚もの資料を配るとなるとさすがにそのまま配るというのは難しいですよね。
そこでぜひおすすめしたいのが、すっきり収まる学習塾用オリジナル封筒の作成です。
封筒なら多くの資料もすっきり収まり、スマートに配る事が出来ます。
ただ資料をまとめるだけなら市販の封筒でも十分では?と思われるかもしれませんが、学習塾のロゴなどを印刷したオリジナル封筒なら、封筒そのものでも宣伝効果が期待できます。
また学習塾の生徒さんへ郵送するなどといった場合には、一目で学習塾からのものだと分かるというメリットもございます。
封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、多種多様なオリジナル封筒をお作りしております。
資料がすっきり収まる学習塾用の封筒の場合、A4やB5の紙を折らずに入れられるサイズの封筒がおすすめですね。
マチ付きにすれば厚みのあるパンフレットなどでも無理なく入れる事が出来ますし、窓付きにすれば宛名の記入の手間もかかりません。
既製の封筒への印刷ですとコストを抑えられますが、既製品にはない大きさや形、素材、加工などをご希望でしたら、全てお好みの仕様の封筒を作成出来るオーダーメイドでのご注文も承っております。
オリジナル封筒の作成をお考えでしたら、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

個性的な封筒にしたいなら「Mr.B」の特殊紙がおすすめ

紙の種類は本当に多く、それぞれが違った特徴を持っています。
今回ご紹介する特殊紙「Mr.B」は、個性的な封筒にしたい時におすすめの紙の一つですね。

「Mr.B」はしっとりとしたマットな印象の特殊紙です。
そのままでは荒さを感じる質感の紙ながらも、印刷してインキが乗ればその部分に光沢が出るという面白い特徴を持っています。
「ヴァンヌーボ」という紙も同じような特徴を持っていますが、紙の白さとインキが載った時の光沢は「Mr.B」の方が勝っているのではないでしょうか。
印刷に向いた紙ですし、インパクトある個性的な封筒を作りたいという時に、ぜひおすすめしたい紙ですね。

封筒屋どっとこむでは、それぞれの用途な内容物に適したオリジナル封筒を、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形でお作りしております。
既製の封筒への印刷ならコストを抑えてオリジナル封筒を作成出来ますし、オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、既製品にはないお好みの仕様のオリジナル封筒の作成が可能です。
個性的な封筒にしたい時におすすめの特殊紙も、数多く取り揃えております。
また封筒の他にも紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋なども作成いたします。
封筒などがご入用の際は、封筒屋どっとこむにお任せいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

意外に活用法が多く使える!「ぽち袋」の作成

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷ですとコストを抑えられますし、オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、既製の封筒にはない全てお好みの仕様のオリジナル封筒を作る事が出来ます。
そしてセミオーダーは、既製の封筒への印刷よりも自由度が高く、またオーダーメイドよりも安価という点が魅力です。
封筒屋どっとこむにてセミオーダー可能な封筒は色々とございますが、その一つが「ぽち袋」ですね。
日常的によく目にする64mm × 97mmサイズのぽち袋が、セミオーダーでお作りいただけます。
ただオリジナルのぽち袋を作成しても、お年玉で使う以外に大して使い道はないのでは?と思われるかもしれませんが、そんな事はございません。
ぽち袋は意外に活用法が多く、様々な場面で使う事が出来るのです。

意外に活用法の多いぽち袋ですが、まずはちょっとしたお金のやりとりですね。
借りた小銭を返したり、何かの費用を集めたりする際、ぽち袋を使えばスマートにお金のやりとりが出来ます。
またぽち袋はカードなどをまとめるのにも使えます。
ポイントカードや回数券などをぽち袋に入れて管理すれば、財布がぱんぱんになるなんて事もなくなりますね。
細々とした文具やアクセサリー、薬などといったものを入れるのにも、「ぽち袋」は重宝出来ます。
さらにちょっとした伝言メモなどを入れる封筒代わりにも使えますし、ノートなどに貼れば簡易ポケットにもなります。
このようにぽち袋は意外に活用法が多く、「使える存在」なのです。

オリジナルの「ぽち袋」を作成してみたい、そんな方はぜひお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top