Home

封筒印刷よもやま話

封筒屋スタッフが選ぶ、社用封筒にオススメの紙7選

社用封筒の印象は、封筒に印刷するデザインに大きく左右されるのはもちろんですが、使う紙によっても封筒の雰囲気はガラリと変わります。

そんなお話をお客様にお伝えすると「どのような紙が社用封筒にオススメ?」といったご質問や、「紙が多くて選びきれない」といったご相談を頂くことがあります。

そこで、この記事では封筒屋どっとこむのベテランスタッフがイチオシの社用封筒にオススメの紙を8つご紹介させて頂きます。

ぜひ社用封筒を作成する際の紙選びの参考になさってください。

ケント紙

ケント紙の封筒

まずはじめにオススメするのは、シンプルでスタンダードなケント紙です。

会社の封筒にはロゴを印刷することが一般的ですが、カラフルなロゴの企業様も多くお見受けします。
ケント紙は印刷色の影響を受けないので、カラフルなロゴがバッチリ映えますよ。
そういう点でもオススメです。

実際にケント紙で作ったお客様の封筒事例も是非ご覧ください↓

作品事例1-ケント紙の封筒 作品事例2-ケント紙の封筒

その他のケント紙を使用したお客様の封筒事例はこちら

透けるのが気になる方は裏地紋をいれるか、ハーフトーン99ホワイトがオススメ

ただ、ケント紙は透けてしまうことがあります。
透けるのがイヤな方には、ケント紙に裏地紋を入れるか、ハーフトーン99ホワイトという紙をオススメしています。

裏地紋とは

裏地紋

裏地紋とは、上の画像のように封筒の内側に透け防止のために印刷する紋様のことです。
請求書など、透けては困る書類を送る封筒によく採用されています。

ハーフトーン99ホワイト

ハーフトーン99ホワイト

ハーフトーン99はちょっとくすんだ感じにはなりますが、透けにくい紙です。
こちらも社用封筒として多くのお客様にご利用頂いております。

ハーフトーン99の「99」は、99パーセントの不透明性がある、という意味です。

関連記事:爽やかなハーフトーンカラーの封筒用紙

未晒クラフト

ケント紙の封筒

2つ目にオススメなのは、未晒クラフトです。

未晒クラフトの色合いは、木や自然などのナチュラルでエコロジーなイメージがあります。
そういった特徴からも、建築屋さんやエコロジーな住宅販売会社さん、リフォーム屋さんが社用封筒としてご利用されることが多いですね。

未晒クラフトの封筒事例1 未晒クラフトの封筒事例2

その他の未晒クラフト紙を使用したお客様の封筒事例はこちら

お値段もそんなに高くなく、コストを抑えやすいのもオススメポイントです。

シンプルにごげ茶色で印刷をするのが、未晒クラフトを採用される方に人気のデザイン(色合い)です。
未晒クラフトにこげ茶で印刷するだけでオシャレに見えますよ♪

関連記事:クラフト紙の社用封筒デザイン集

ハーフトーンカラーのクリーム/ピンク

ハーフトーンカラー クリーム色

優しいイメージを演出したい場合は、ハーフトーンカラーのクリーム色がイチオシです。

たとえば、幼稚園などの子どもに関連する事業者様や介護施設などの介護関連の事業者様の封筒にオススメです。

ハーフトーンカラークリーム 作品事例

社用封筒に温かみや優しいイメージがあれば、受け取る方の印象も普通の封筒とはまた異なってきますよ。

また、ハーフトーンカラーのクリームと同様にオススメなのがハーフトーンカラーのピンクです。

ハーフトーンカラーピンク 作品事例

クリーム色よりもピンク色がいいな。という方はこちらのピンクをお選び下さい。

ちなみに、ハーフトーンカラーはメーカーによってソフトカラー、ECカラー、パステルカラーなど呼び方が異なります。

ハーフトーンカラー99のブルー/グリーン

ハーフトーンカラー99-ブルー、グリーン

請求書を送るなどの用途の社用封筒にオススメなのは、ハーフトーンカラー99のブルーとグリーンです。
ケント紙のパートでお伝えしましたが、「ハーフトーンカラー99」は99%の不透明性を誇る透けにくい紙です。

白はイヤだけど色が付いた封筒がいいな。という方にオススメです。
また、寒色系の封筒ならカッチリしていて清潔感のあるイメージを与えてくれるのもハーフトーンカラーのブルー、グリーンのメリットです。

窓付きの長3封筒で請求書を送るような社用封筒にイチオシですよ。

なお、当店のお客様の場合、社用封筒でよく使われるのはグリーンよりもブルーの方ですね。

ちなみに、ハーフトーンカラー99はメーカーによっては「ミエナイブルー」や「ミエナイグリーン」といった名称で呼ばれます。

ハーフトーンカラー99ブルー 作品事例1

NTラシャ(グレー)

NTラシャ グレー70

普通の紙じゃイヤ。ちょっと変わった紙がいい。という方にオススメなのがNTラシャのグレーです。

NTラシャの”ラシャ”は毛織物の一種の「羅紗(ラシャ)」から来ています。
毛織物のように、触り心地が温かく柔らかい感じがするのがNTラシャの特徴です。

このNTラシャは色のバリエーションが100種類以上あるのですが、社用封筒を作るのにオススメなのがグレーです。

グレーは控えめで落ち着いた印象を与えてくれます。
ただ、グレーといってもNTラシャには薄いものから濃いものまで8段階のグレーがあります。
その中でお勧めなのは、上の画像の「グレー70」です。

グレー70はグレーの中で2番目に濃い色です。これに銀色で印刷をするとカッコよくも品のある社用封筒になりますよ。

NTラシャ グレー70作品事例

その他のNTラシャを使用した封筒事例はこちら

コストは抑えてNTラシャっぽい封筒を作りたい

NTラシャで作られた既製封筒はないので、NTラシャを社用封筒に採用する場合は、オーダーメイド制作になります。

オーダーメイド制作となれば、一般的には既製品の封筒に印刷するよりも割高になります。
「コストは抑えて、NTラシャっぽい会社の封筒を作りたい!」という方にオススメなのがコットンというシリーズの封筒です。

コットン

肌ざわりが名前の通りコットン(綿)ぽく、NTラシャに近い、温かみのある優しい触り心地なのが特徴です。

コットンも複数の色調がありますが、スノーホワイトという色ならカラフルなロゴも映えるので社用封筒にピッタリです。
ちなみにスノーホワイトは清涼感があり、かつ優しい印象もあるのでフォーマルな封筒にもオススメですよ。

コニーラップ(黒い社用封筒)

コニーラップ 黒い封筒

黒い社用封筒というのもアリですよ。

コスト面や品質を考慮してオススメするのがコニーラップという紙です。
このコニーラップのブラックを使い、黒い社用封筒を作るというのもオススメです。

コニーラップ-ブラック作品事例1 コニーラップ-ブラック作品事例2

黒い社用封筒は、クルマ屋さんやクルマの修理屋さん、バイク屋さんなどからのご注文が多いです。
黒封筒に銀色で印刷するなど、タイヤを彷彿させるからでしょうか。

いずれにしても、最近はクルマ関連以外の企業様でも黒を採用されるケースが多くなってきています。

黒封筒のデメリットとしては、黒いペンで宛名などが書けない(書けてもわかりづらい)ことです。
郵送する際には宛名ラベルのシールを貼るか白いインクのペンを使う必要があります。

そんなデメリットはありますが、コニーラップのブラックで作る黒い社用封筒なら、カッコイイ引き締まった社用封筒ができること間違いナシです。

その他のコニーラップを使用した封筒事例はこちら

アストロブライト

アストロブライト

見積り担当福崎が社用封筒の紙として個人的にイチオシなのは、蛍光色のアストロブライトです。
蛍光色で発色がほかの紙と異なるので、ハッキリ言って目立ちます!

実際にアストロブライトを使ってDM用封筒を作られたお客様がいらっしゃいましたが、かなり目立っていました。

印刷も乗りますので、会社名やロゴを載せることもモチロン可能です。
少しぶっとび気味ですが、目立つ封筒にしたい!他社がやっていないような封筒にしたい!という方にはオススメですよ。

まとめ

今回は封筒屋どっとこむにて長年にわたり紙と封筒に接し、お客様のご相談を伺っている見積り担当が会社の封筒にオススメの紙をご紹介させて頂きました。

御社の大切にされたいイメージやお客様にどのような印象を抱いて頂きたいか、といった観点で社用封筒に使う紙をお選び頂ければと思います

ぜひ社用封筒をお作りされる際の紙選びの参考にして頂ければ嬉しいです。

また、ご不明な点や社用封筒を作る際の疑問などありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

冬の季節にぴったりな金・銀箔押しの封筒

封筒屋どっとこむでは様々なオリジナル封筒作成のご注文をいただいておりますが、例えば季節によって、好まれる仕様にも変化がございます。
これからの冬の季節ですと、金や銀の箔押しの人気が高くなりますね。
金・銀箔押しの封筒は、冷たく澄んだ冬の空気にぴったりでおすすめの加工です。

箔押しとは、光沢のある金や銀などの箔を、熱と圧力によって紙などの素材に定着させる加工です。
通常のインキを使った印刷では表現の難しい光沢ある色合いも、箔押しなら美しく表現する事が出来ます。
光沢ある色合いの表現が可能である事から、高級感を出せる加工でもありますね。
また箔には光沢あるメタリックカラーの他、つやのないタイプやパール、ホログラムなどの種類もございます。
しかし冬の季節の封筒にぴったりなのは、やはり金・銀箔押しですね。
金や銀はクリスマス用の封筒にも向いていますし、雪の結晶などの冬のモチーフを箔押しにするのもおすすめです。
冬のイベントの案内状や招待状を送るなどといった際には、ぜひ封筒に箔押し加工をされてみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむではそれぞれの用途や内容物に適したオリジナル封筒を、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形でお作りしております。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒を作る事が出来ておすすめです。
冬の季節にぴったりな金・銀箔押しの封筒をはじめ、オリジナル封筒の作成をお考えでしたら、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

自作では面倒くさい!おしゃれな蝋引き封筒の作成

紙への加工の一つに「蝋引き加工」というものがございます。
蝋引き加工が施された紙は「蝋引き紙」や「ワックスペーパー」と呼ばれ、耐水・耐油効果がある事から、食品の包み紙などとして利用されています。
また蝋引き加工を行う事によって紙に透け感が出たり、紙の色味が濃くなったりもします。さらに折り目を付けた部分が白くなる事で生まれるアンティーク調の独特の風合いなども相まって、デザイン性を求めて封筒などの紙製品に使われる事も多いですね。

そんな蝋引き紙は、実は手作りする事も可能です。
蝋引き加工は溶かした蝋を紙に染み込ませる加工ですので、ろうそくを溶かして紙に染み込ませれば、蝋引き紙が出来上がります。
ただいくら手作り出来るとはいっても、自作するのはちょっと面倒くさいですよね。
例えば蝋引き紙で出来たおしゃれな蝋引き封筒を作成したいという時にも、特にある程度の数が欲しいとなると、自作するのはなかなか大変です。
そんな時にはぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。
封筒屋どっとこむでは既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒をお作りしております。
自作するのはちょっと面倒くさい、おしゃれな蝋引き封筒の作成にも、もちろん対応しております。
また社用封筒などの大部数のご注文はもちろん、少部数のご注文も承っております。
プライベートでおしゃれな蝋引き封筒を作成したいという時にも、面倒くさい思いをしながら自作しなくて済みますよ。
既製の封筒への印刷ならコストも抑えられますし、オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のオリジナル封筒の作成が可能です。
さらに封筒だけでなく、紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などもお作りいたします。
蝋引き封筒をはじめ、オリジナル封筒などの作成をお考えでしたら、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

高級感を出したい封筒に【マシュマロCOC】の上質紙

封筒屋どっとこむでは既製の封筒への印刷やセミオーダーだけでなく、完全オーダーメイドでのオリジナル封筒の作成も可能です。
オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、既製品にはない自分好みの仕様のオリジナル封筒を作る事が出来ます。
例えば紙には多くの種類がありますが、オーダーメイドなら普段の生活の中では目にする機会の少ない、珍しい紙を使って封筒を作る事も出来るのです。

では反対に、普段の生活の中で頻繁に目にする紙にはどんなものがあるかというと、その一つは「上質紙」ですね。
紙の中には印刷の仕上がりを美しくするために表面に加工を施してあるものもございますが、上質紙にはそういった加工はされていません。
筆記性に優れており、またコストも抑えられますので、封筒をはじめ様々な場面で使われている紙です。
そんな上質紙の中にもいくつかの種類があり、高級感を出したい封筒には【マシュマロCOC】という上質紙がおすすめですね。
高級感を出したい封筒にぴったりの【マシュマロCOC】は、一般的な上質紙同様、表面に加工は施されていません。
しかし純白の紙色ときめ細かく滑らかな手触りが、上質紙でありながらも高級感を生み出してくれています。
また「FSC森林認証」取得の環境対応用紙でもあります。
高級感を出したい封筒にはもちろん、【マシュマロCOC】はあらゆる場面で活躍してくれる事間違いなしの上質紙です。
オリジナル封筒作成の際は、選択肢の一つにされてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむでは封筒をはじめ、紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などもお作りしております。
ご入用のものがございましたら、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問合せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

レセプションパーティーなどのスタイリッシュな招待状

レセプションパーティーなどのパーティーでは、パーティーそのものが重要である事はもちろんですが、招待状の存在も欠かせません。
パーティーの雰囲気に合ったスタイリッシュな招待状を送りたいものですよね。
しかし市販のカードや封筒では、なかなかこれといったものが見つからないとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな時には封筒屋どっとこむにお任せください。
封筒屋どっとこむではお客様のご要望に合わせ、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、多種多様なオリジナル封筒をお作りしております。
また封筒だけでなく、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も可能です。
レセプションパーティーなどのための、スタイリッシュな招待状も、封筒とセットでお作りいただけます。
中でも特にこだわりをもって招待状を作りたいという時には、オーダーメイドがおすすめですね。
オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、既製品にはないお好みの仕様のオリジナル封筒やカードを作る事が出来ます。
スタイリッシュな招待状の他、レセプションパーティーなどそれぞれのパーティーのコンセプトに合った、趣向を凝らしたデザインの招待状を作りたいという時にも、オーダーメイドはぴったりです。
パーティーやイベントを開催されるご予定がございましたら、招待状と封筒の作成にはぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。

封筒屋どっとこむでは封筒をはじめ、パッケージ袋、紙袋などの作成も承っております。
封筒などがご入用の際は、まずはお気軽にお問合せいただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

来年は「亥年」!オーダーメイドで作るお年玉袋

月日が流れるのは本当に早いもので、そろそろ年末年始に向けた準備をしなければならない時期が近付いてきましたよね。
年が明けてお正月に必要なものというと、お年玉袋がその一つです。
来年は「亥年」ですが、オーダーメイドでお年玉袋を作ってみるのはいかがでしょうか。
封筒屋どっとこむでは日々様々なオリジナル封筒をお作りしておりますが、封筒以外にもパッケージ袋や紙袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っております。
お年玉袋の作成にも対応しておりますので、来年の「亥年」にぴったりのお年玉袋をオーダーメイドで作る事も出来ますよ。
オーダーメイドなら大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のお年玉袋をお作りいただけます。

また封筒屋どっとこむではセミオーダーでお作りいただけるお年玉袋もご用意しております。
セミオーダーのお年玉袋は、64mm×97mmの一般的なポチ袋サイズで、白の上質紙に1~3色の特色印刷、もしくはフルカラーによる印刷が可能です。
セミオーダーでは封筒の表面ほぼ全面に印刷出来ますので、来年の「亥年」にぴったりな自由なデザインのお年玉袋を作る事が出来るでしょう。
さらにオーダーメイドやセミオーダーの他、既製の封筒への印刷でお札を折らずに入れられるサイズのお年玉袋を作るなどといった事も可能です。
皆様もオリジナルのお年玉袋で、お正月のおめでたい気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか。

オーダーメイドで作るお年玉袋の他、封筒などがご入用の際は、ぜひ封筒屋どっとこむにお任せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

特殊紙「OKカイゼル」の和風な封筒

封筒屋どっとこむでは既製の封筒への印刷やセミオーダーに加え、オーダーメイドでもオリジナル封筒の作成が可能です。
オーダーメイドですと、既製の封筒にはない大きさや形、素材、加工など、自由な仕様のオリジナル封筒を作る事が出来る点が大きな魅力ですね。
ただ自由に仕様を決められるとなると、逆に悩んでしまうという方もいらっしゃるかもしれません。
紙にしても目移りしてしまうほどたくさんの種類がありますし、その中からどれか一つを選ぶというのはなかなか大変なものです。
そんな時には、どんなイメージの封筒を作りたいかを具体的に考えると良いでしょう。
例えば和風の封筒にしたい時には、「OKカイゼル」という特殊紙などがおすすめですね。
特殊紙の一つである「OKカイゼル」は、「髭」と呼ばれる細かい繊維が漉き込まれた紙です。
素朴でナチュラルな印象の紙であり、また和の雰囲気も持ち合わせていますので、和風な封筒を作りたい時におすすめの紙の一つですね。
カラーバリエーションも「ぞうげ」や「あかね」「るり」「からし」など、落ち着いた色合いが揃っています。
特殊紙「OKカイゼル」を使って和風な封筒を作る場合には、印刷部分は控えめにした方が紙の持つ風合いを活かす事が出来るでしょう。

封筒屋どっとこむでは、今回ご紹介しました「OKカイゼル」以外にも、様々な紙をご用意しております。
また封筒だけでなく、紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も可能です。
オリジナル封筒がご入用の際には、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用いただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

窓印刷(セロプリ)で存在感抜群の封筒を作ろう

窓付き封筒の多くは、窓部分にセロファンが貼られています。
この窓付き封筒のセロファンは透明なのが一般的ですが、このセロファンに印刷が出来れば封筒のデザインがもっと自由なものになるのに…と思った事はございませんか?
そんな方はぜひ封筒屋どっとこむの窓印刷(セロプリ)をご利用ください。
封筒屋どっとこむでは窓付き封筒の窓セロファンへの印刷が可能です。
窓印刷(セロプリ)を利用すれば、存在感抜群の封筒を作る事が出来ますよ。

窓付き封筒というと、中の書類に書かれている住所や氏名を窓からのぞかせ、宛名として使用するというような、実用面を重視した使われ方の多い封筒です。
しかし窓付き封筒はアイデア次第でデザイン性の高い封筒にもなるのです。
例えば窓を実際の窓のように見立て、おしゃれな便箋やポストカードを窓からのぞかせるなど、封入物のデザインも上手く活用する事で、魅力的な窓付き封筒になります。
さらに窓印刷(セロプリ)も組み合わせれば、存在感抜群の封筒を作る事が出来るでしょう。
また封筒屋どっとこむでは封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っております。
窓印刷(セロプリ)を利用した窓付き封筒のレターセットなどを作る事も出来ますよ。
存在感抜群の封筒を作りたい時には、封筒屋どっとこむの窓印刷(セロプリ)で窓付き封筒を作ってみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむでは、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、それぞれの用途や内容物に適したオリジナル封筒をお作りしております。
既製の封筒への印刷ですとコストを抑える事ができ、オーダーメイドなら既製の封筒にはない大きさや形、素材、加工など、お好みの仕様のオリジナル封筒の作成が可能です。
オリジナル封筒の作成にご興味がありましたら、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問合せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

商品の中身に合わせた窓付きのパッケージ封筒

封筒屋どっとこむではそれぞれの用途や内容物に適した様々なオリジナル封筒をお作りしておりますが、封筒はパッケージ袋としてもお使いいただけます。
既製の封筒への印刷やセミオーダーでの封筒作成に加え、既製の封筒にはない大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様のパッケージ封筒をオーダーメイドで作成する事も可能です。
オーダーメイドなら商品にぴったりであるだけでなく、中身をより魅力的に見せられるパッケージ封筒を作る事が出来ますよ。

パッケージ封筒にも色々なものがございますが、例えば商品の中身に合わせた窓付きのパッケージ封筒などはいかがでしょうか。
窓付きのパッケージ封筒のメリットはなんといっても「中の商品が見える」という点です。
パッケージされた状態でも実際の商品を目で確認出来るというのは安心感もありますし、おしゃれなデザインの商品ならそのデザインも活かせますよね。
封筒屋どっとこむでは窓付き封筒の作成にも対応しており、封筒そのもののサイズはもちろん、窓の大きさや形、数、位置なども自由に決める事が出来ます。
大きな窓を付ければ商品をたっぷりと見せられますし、また衣類などは窓部分にセロファンを貼らず、手触りを確認出来るようにするという方法もございます。
封筒屋どっとこむなら、それぞれの商品の中身に合わせた窓付きのパッケージ封筒を作る事が出来るのです。

商品の中身に合わせた窓付きのパッケージ封筒をはじめ、封筒屋どっとこむでは様々なオリジナル封筒をお作りいたします。
また紙袋や宅配袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も可能です。
ご入用のものがございましたら、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

花びらの一枚一枚が際だつエンボス加工の効果

封筒屋どっとこむではオリジナル封筒作成の際、様々な加工を施す事が可能です。
今回は数ある加工の中から、「エンボス加工」をご紹介しましょう。

エンボス加工とは、凸版と凹版という型に紙を挟んで圧力を加える事により、文字や模様を浮き上がらせる加工です。
エンボス加工のみですと紙に凹凸が出来るだけで、インキを使った印刷のように色が付くわけではありません。
そのため遠目では分かりにくい加工かもしれませんが、封筒のように手に取って間近で目にするようなものであれば、目で見てもまた手触りでも加工部分を確認出来ます。
控えめではありますが、品よく高級感を出したいという時に向いた加工ですね。
社名やロゴをエンボス加工にするなど、封筒のデザインに上手く取り入れれば、おしゃれな封筒を作る事が出来るでしょう。

また通常の印刷とエンボス加工を組み合わせる事で、面白い効果を生み出す事も出来ます。
例えば花のイラストを印刷し、その花びらに合わせてエンボス加工を施せば、花びら一枚一枚を際だたせる効果を得られます。
複数の花のイラストのうちの一つだけに、花びら一枚一枚が際だつようエンボス加工を施したり、イラストの花をエンボス加工したうえで印刷のない部分にも花のエンボス加工を施したりと、同じ花のエンボス加工でもいろいろな効果を出せますね。
エンボス加工で花びらの一枚一枚を際だたせるように、エンボス加工は単独でも印刷やほかの加工と組み合わせても、様々な効果を生み出してくれます。
皆様もオリジナル封筒作成の際は、エンボス加工を取り入れてみてはいかがでしょうか。

封筒屋どっとこむでは既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形で、様々なオリジナル封筒の作成を承っております。
特にオーダーメイドは大きさや形、素材、加工など、全てお好みの仕様の封筒を作る事が出来ておすすめです。
オリジナル封筒の作成にご興味ありましたら、まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問合せください。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ → 問い合わせる
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741
封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top