Home > 未分類 > テトラ型のロウ引きパッケージ

テトラ型のロウ引きパッケージ

テトラ型と呼ばれる三角形のパッケージをご覧になった事のある方は多いと思います。
給食に出ていた牛乳がテトラ型の紙パックに入っていたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あのテトラ型のパッケージは一見複雑に見えますので自分で作ろうと思うと難しそうに見えるかもしれませんが、実は意外と簡単に作ることができます。
封筒などを正方形になるように切り取り、口の部分を開いて両端の折り目同士が合わさるように口を閉じる事であの三角形のテトラ型になります。
口の閉じ方を通常と変えるだけですから簡単ですよね。

テトラ型のロウ引きパッケージ1テトラ型のロウ引きパッケージ2

そんなテトラ型のパッケージをロウ引き紙を使って作ってみるなんていかがでしょうか。
紙に蝋を染み込ませるというロウ引き加工を施した紙は防水効果がありますが、それ以外にもアンティーク風の独特の風合いがあることなどから高いデザイン性があり人気となっています。

ロウ引き加工により色味が深くなって落ち着いた雰囲気になりますし、しっとりとした滑らかな手触りになるのも特徴ですね。
そんなロウ引き加工を施した紙を使ったパッケージを作ればなかなか味のあるものが出来上がります。
さらにテトラ型パッケージとなるとインパクトもあるでしょう。

封筒専門店封筒屋どっとこむでは既製の封筒をはじめ、お客様のご要望にお応えして様々な大きさや形、紙、加工の封筒をオーダーメイドでお作りしています。
ロウ引き紙を使用したテトラ型パッケージにももちろん対応していますのでぜひお気軽にご連絡下さい。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741


封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

Home > 未分類 > テトラ型のロウ引きパッケージ

検索
フィード
メタ情報

Return to page top