Home > 未分類 > 神社などへのお祭り用のご祝儀袋

神社などへのお祭り用のご祝儀袋

封筒には色々な使われ方がありますが、その一つが「ご祝儀袋」です。
お祝いを包む際にご祝儀袋は欠かせませんよね。
どのようなお祝いのためのご祝儀袋かによって、色々と作法がございますが、神社などへのお祭り用のご祝儀袋ですと、表書きは「奉納」「御寄進」とするのが一般的です。
神社ではなくお祭りの詰め所に贈る場合は「金一封」「御祝儀」「御寄付」、神輿に贈る場合は「花代」「御祝儀」とする事が多いですね。
いずれの場合も贈り主の氏名を下段に書きます。
また神社などへのお祭り用のご祝儀袋は、蝶結びの水引の、熨斗の付いたものが使われます。
包む金額は神社に贈る場合1千~1万円、詰所の場合は1千~5千円、神輿の場合は3千円~1万円が目安です。
ただ使用するご祝儀袋や包む金額などは地域ごとの決まりがある場合もございますので、可能であれば詳しい方に確認するようにしたいですね。

神社などへのお祭り用のご祝儀袋以外にも、封筒は様々な形で使われます。
封筒屋どっとこむではそれぞれの用途や内容物に適した封筒を、既製の封筒への印刷やセミオーダー、オーダーメイドなどの形でお作りしております。
コストを抑えてオリジナル封筒を作りたいという時には既製の封筒への印刷が向いていますし、既製の封筒にはない大きさや形、素材、加工など、自由な仕様の封筒を作りたい時にはオーダーメイドがおすすめです。
また紙袋やパッケージ袋、封筒と併せてお使いいただけるカードや便箋などの作成も承っております。
ご入用のものがございましたら、その際は封筒屋どっとこむをご利用いただけましたら幸いです。


封筒専門店 封筒屋どっとこむ
運営:株式会社タクセル 〒547-0021大阪市平野区喜連東5-16-15 TEL:06-4302-7740 FAX:06-4302-7741


封筒専門店 封筒屋どっとこむにお問い合わせください

Home > 未分類 > 神社などへのお祭り用のご祝儀袋

検索
フィード
メタ情報

Return to page top