一括送付のための印刷(「料金別納郵便」と「料金後納郵便」)

「料金別納郵便」と「料金後納郵便」で使用するマークの印刷や封筒製作をおこないます。

当店に印刷データ作成もご依頼いただく場合、「料金別納郵便」と「料金後納郵便」のマークは当店にて追加できますので、位置や大きさをご指定ください。(大きさはお任せいただければ、規定内の適した大きさにて配置いたします)

データ入稿の方にはデータとしてお送りすることもできますが、シンプルで制限もあまりないので、郵便局の示す表示の方法(下記記事よりリンク)を元に作成されるとよいでしょう。

★料金別納・後納マークのテンプレートをご用意しています。(.aiデータ・無料)

 

料金別納郵便

同一料金の郵便物を同時にまとめて出す際、郵便物に郵便切手を貼ることなく、料金を一括して納付する制度です。
同時に、郵便物を10通以上差し出すことが必要です。

料金別納について(郵便局HP)
料金別納 表示の方法(郵便局HP)

料金別納郵便マークの印刷サンプル1 料金別納郵便マークの印刷サンプル2
参考写真)児栄山華蔵寺様の作品

料金後納郵便

1カ月に差し出した郵便物の料金を、翌月にまとめて納付する制度です。
料金後納制度を利用するには、郵便物を毎月一定数以上を差し出し、また、事前に取り扱い郵便局長の承認を受けることが必要です。

料金後納について(郵便局HP)
料金後納 表示の方法(郵便局HP)

料金後納郵便マークの印刷サンプル1 料金後納郵便マークの印刷サンプル2料金後納郵便マークの印刷サンプル3
参考写真)株式会社クリエイティブ・ネットワーク・サービス様の作品

 

(無料)料金別納・後納マークのテンプレート

料金別納・後納マークのテンプレートをご用意しております。(イラストレーター用のみ)
ぜひご利用ください。

は必須項目です。

メールアドレス
法人名
(全角文字で入力してください。)
ご担当者様名
メルマガ配信
当店からのメルマガを受け取りますか? (封筒に関するTipsやお役立ち情報をお届けしています。)

 

参考)料金受取人払郵便

一括送付ではありませんが、主に返信用に使われる、郵便料金を受取人が負担する制度が「料金受取人払郵便」です。いわゆる、「着払郵便」と言うべきサービスです。

料金受取人払いを利用するには事前に日本郵政にて申請が必要ですが、申請についてはお客様でお願い致します。
申請後にお客様のもとへ料金受取人払承認書という書類が届きます。
その書類には承認番号、整理番号、郵便番号の情報が記載されていますので、それらの情報をお教えいただければこちらで作成可能です。
カスタマーバーコードにつきましてはこちらで作成いたします。
よろしければ、料金受取人払承認書を当店までFAXでお送りください。

料金受取人払いの申請方法について、詳しくは日本郵便「料金受取人払」をご確認ください。

受取人払郵便マーク写真



料金別納郵便・料金後納郵便のマークはテンプレートが当店にございますので、 印刷をご希望の際はお申し付けください。

 

既製封筒のご注文

既製封筒一覧より封筒をお選びいただき、通常通りご注文ください。「料金別納郵便」と「料金後納郵便」のマークの追加をご希望の旨を、備考欄へご記載ください(住所等も入力を終えた後にあります)。

オーダーメイド(特注制作)

封筒シミュレーター(見積依頼ツール)

紙や封筒サイズ、窓などをかなり自由にご指定いただけます。
サイズから相談されたい場合など、シミュレーターでは指定しずらい場合は、お問い合わせフォームよりご相談ください。
お手元の見本をもとにつくりたいときは、そのまんま封筒をご利用ください。("そのまま"再現するご依頼でなくても、ご希望をお書き添えいただけましたら、スタッフが確認し、お見積いたします)

 

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル 0120-17-2108 お問い合わせフォームへ お見積りフォームへ